[ 2016/03/28 renewals ] ☆☆☆ かってに Linux45 (続き44) ☆☆☆
                        *** Freely Linux45. (it continues, 44) ***
     情報化社会の発展を図る活動として、
          ( 単にNPO協賛活動として )
                 無料で利用可能な、Linuxの普及の為、
★ Linuxで、インターネット等を、
    "MS-Windows" と同じ様に
          快適にする情報を無料提供。
410-0022 JAPAN by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP (有)松商商会 ) 〒410-0022 マックミルズ 1F ( MACMIL.CO.JP MATSUSHOW CO.,LTD.)
当ページへの、多数のアクセスありがとう。 当ページは、多くの関連HPを参考に、Linux ( Fedora等) での利用や、 応用方法、開発等をし、結果・無料公開してます。 この場を借りて、各関連HP、各検索サイト、各開発者、多くの訪問者 等々へ Linuxの普及を願いつつ、感謝と、エールを送ります。
・DOS/V, Win9X, Win2000,WinXP, UNIX, Linux の各種ソフト作成、 メインは、C(言語)、現在は、Linux 30台位使用して、システム研究開発中。 33年近く(PC8001 〜 現在まで)、各種業務システム構築の現役者が提供。(松本英男) "マックミル" は、(有)松商商会 の登録商標です。( MACMIL.CO.JP )
 ◆ 募集・コーナー ( 沼津市大岡・沼津駅前マンション賃貸自社物件 )
 住む側の立場に立って、こんなビルがあればいいなあと、
趣味で、ITビルを建ててみました。(採算は合いませんが......)
(有)松商商会・所有ビルや、駅前所有の物件を、お貸します。
[ 住居や、SOHO事務所として利用も可能 (インターネット光100M 設置済み)]
残り、1部屋になりました。( 下記、クリック )
"★ 沼津市大岡(西友・近い)の 自社物件・貸します"
●検索は、Ctrl +  F  で。( アルファベットは、半角文字で検索のこと )
* As for search,with Ctrl +  F .
*******<< ★ かってに Linux [ 開始 ] >>******* ============================================================== ==============================================================
●●●●●● fedora 16
F16のサポート 2013/02/12(火)まで
● fedora 16 まで使用中。( KDE にて )
  fedora 17 から、大分、変化が大きく、
  長年、Fedora を使ってきたが、
  今後は、fedora 16までで、以降は中断し、
  様子を観ることとした。

  代わりに、
  CentOS 6.4 を、2013/05/18 から、導入試験開始。
  CentOS 6.4 を、2013/06/02 から、本格導入開始。

2013/05/27 追加 当方専用メモ)
  CentOS 5.9 を、2013/05/24 から、導入試験開始。
  CentOS 5.9 + ivtv 0.10.6 で、
  GV-MVP/RX CentOS 版( ivtv利用 )
  2013/05/27現在 使用中。( KDE にて )
2013/06/01 追加 当方専用メモ)
● CentOS 6.4 を、
kernel-lt-3.0.61-1.el6.elrepo.i686
に、カーネルアップデート
これで、標準の、ivtv から、音声が、出て、
NVIDIA-Linux-x86-173.14.37-pkg1.run
を使用し、GV-MVP/RX2(RX) が使える様になった。
CentOS 6.4
・Kernel 2.6.32
・X Window System X11R7.5
・Xorg server 1.13.0
・GNOME 2.28.2
・KDE 4.3.4
・LibreOffice 3.4.5
・Firefox 10.0.12 → Firefox 17.0.3
・Thunderbird 10.0.12 → Thunderbird 17.0.3

サポート終了日
CentOS 6.x: 2020/11/30
CentOS 5.x: 2017/03/31
+++++++++++++++++++++++++++++++++++ ●●●●●● fedora 17 ( 当方、しばらく様子観ている ) Fedora 17 からはディレクトリ構成が変更され、 /usr ディレクトリ下に /bin、/sbin、/lib が配置されるようになった。 /bin だったものは /usr/bin に、 /sbin は /usr/sbin に、 /lib は /usr/lib に変更されている。 http://docs.fedoraproject.org/ja-JP/Fedora/17/html/Release_Notes/sect-Release_Notes-Changes_for_Sysadmin.html +++++++++++++++++++++++++++++++++++ ●●●●●● fedora 18 ( 当方、しばらく様子観ている ) http://merry.whitesnow.jp/REPORT/CONTENTS/fedora_18.html fedora 18 Fedora 18 はカーネル 3.6.0 http://docs.fedoraproject.org/ja-JP/Fedora/18/html/Release_Notes/sect-Release_Notes-Changes_for_Sysadmin.html Fedora 18 の変更点 - システム管理者向け ●●● /etc/sysconfig/i18n は /etc/locale.confに置き換え ●●● ホスト名の設定は /etc/sysconfig/network から /etc/hostname へ移動 NETWORKING=yes HOSTNAME=mac5.macmil.co.jp ●●● halt, poweroff, や reboot 設定が移動     /etc/pam.d/{halt,poweroff,reboot} にある PAM 設定ファイルは使用されない     あったとしても、無視される ●●● hostnamectl set-hostname fedorasystem --mac5     例) mac5 ホスト名を設定します ●●● hostnamectl status 現在のホスト名の設定を表示 ------------------------------------------------------- Fedora 19 シュレーディンガーの猫 Fedora 19 から日本語入力が ibus-kkc に変更された Fedora 19 から MySQL に代わり MariaDB を標準に採用 -------------------------------------------------------
============================================================== ============================================================== ***<< ★ かってに CentOS 6.4 開始 ] >>***
CentOS 6.4
2013/05/18 開始
  CentOS 6.4 を、2013/05/18 から、導入試験開始。
  CentOS 6.4 を、2013/06/02 から、本格導入開始。

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk
とりあえず、当方用メモ
kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk
● CentOS 6.4 のインストール時の、ハードウェアの最低要件
CPU: ( インテル製と互換性があるか同等のもの ) ハードディスクの空き容量:(注記: ユーザーのデータ用は、別途必要)
プロセッサー
	グラフィカルモードでの推奨環境: 400 MHz Pentium II 以上。

ハードディスク容量
	システムを正常に動作させるには少なくとも 5% の空き容量が必要。
      推奨)
	ハードディスク空き容量: 60GB以上
メモリー 最小 RAM: 256MiB。 グラフィカルモードでの推奨 RAM: 1152MiB。 ( MB= 1,000KB= 1,000,000byte, MiB= 1024KiB= 1024x1024byte ) (メモリーが少ないと、swap が、発生) 外付グラボ時、グラフィカルモードでの推奨 RAM: 768MiB でも、OK だった ( mp4 再生 512MiB では、カクつく )
------------------------------------------------------- http://jehupc.exblog.jp/8239364/ (Linux)CentOSからWindows共有をマウントする方法 ------------------------------------------------------- ▼CentOSのバージョン確認
# cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.4 ▼起動カーネルの更新
# cat /boot/grub/menu.lst
default=0 timeout=0 ### hiddenmenu title SUZ-LAB CentOS 6 root (hd0) kernel /boot/vmlinuz-2.6.32-279.9.1.el6.x86_64 ro root=/dev/xvde1 initrd /boot/initramfs-2.6.32-279.9.1.el6.x86_64.img -------------------------------------------------------
●●● CentOs all version
http://vault.centos.org/
●●● CentOS 6.3 i386 iso
http://mirror.symnds.com/distributions/CentOS-vault/6.3/isos/i386/CentOS-6.3-i386-bin-DVD1.iso
CentOS-6.3-i386-bin-DVD1.iso  07-Jul-2012 08:46  3713204224
/usr/bin/sha1sum /mnt7/mpg2/ce63/CentOS-6.3-i386-bin-DVD1.iso
541f98e36a7034ab3b470ddf5e2232df3829983e  CentOS-6.3-i386-bin-DVD1.iso

http://mirror.symnds.com/distributions/CentOS-vault/6.3/isos/i386/CentOS-6.3-i386-bin-DVD2.iso
CentOS-6.3-i386-bin-DVD2.iso  07-Jul-2012 08:47  1166313472
/usr/bin/sha1sum /mnt7/mpg2/ce63/CentOS-6.3-i386-bin-DVD2.iso
44d9e8652af683b844138ea2ea03e6772c18a613  CentOS-6.3-i386-bin-DVD2.iso
------------------------------------------------------- http://www.centos.org/ CentOS CentOS 6.4 2013/03/09 Kernel 2.6.32-358 LibreOffice CentOS 5.4 2013/03/09 Kernel 2.6.21 Fedora 7 2.6.21 ( Fedora 12 2.6.31, Fedora 13 2.6.33 ) CentOS-6.4-i386-netinstall.iso http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6.4/isos/i386/ CentOS-6.4-i386-bin-DVD1.iso 06-Mar-2013 09:42 3.5G sha256sum.txt 3935c88644ee390285e12093003486a60322a1cb9bc542f3d2bfb40d52b131d8 CentOS-6.4-i386-bin-DVD1.iso $ /usr/bin/sha256sum /mnt7/mpg2/ce64/CentOS-6.4-i386-bin-DVD1.iso CentOS-6.4-i386-bin-DVD2.iso 06-Mar-2013 09:43 1.1G sha256sum.txt b62c99091b6d9a76bdfcaada0836ca8abe6fc08a551848934fdd2fb04fc8450f CentOS-6.4-i386-bin-DVD2.iso $ /usr/bin/sha256sum /mnt7/mpg2/ce64/CentOS-6.4-i386-bin-DVD2.iso CentOS本体のインストールには不要 http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6.4/isos/x86_64/ ( CentOS-6.4-x86_64-bin-DVD1.iso 06-Mar-2013 03:44 4.1G ) ftp.nara.wide.ad.jp ftp.tsukuba.wide.ad.jp mirror.fairway.ne.jp www.ftp.ne.jp ftp.iij.ad.jp ftp.jaist.ac.jp http://www.smiyasaka.com/CentOS6.4_server.html ●●● CentOS 6.4 のインストールとwebサーバの構築
# yum -y update
# yum groupinstall "Japanese Support"
# vi /etc/sysconfig/i18n
●●● CentOS 6.4 のインストールとwebサーバの構築 http://gigitake.dip.jp/vbox4_6_4_centos63.htm ● ipv6を無効にする # vi /etc/sysctl.conf 最終行に以下の2行を追加 net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1 net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1 SELinux を無効
# vi /etc/sysconfig/selinux
SELINUX=enforcing SELINUX=disabled に変更 http://easyramble.com/toc-for-centos6.html ●●● CentOS 6.4 インストール 設定手順 etworkManagerというサービスが、勝手に /etc/resolv.conf を書き換えてしまう --------------------------------- # Generated by NetworkManager nameserver 192.0.7.13 --------------------------------- が、 --------------------------------- # Generated by NetworkManager search foo.com # No nameservers found; try putting DNS servers into your # ifcfg files in /etc/sysconfig/network-scripts like so: # # DNS1=xxx.xxx.xxx.xxx # DNS2=xxx.xxx.xxx.xxx # DOMAIN=lab.foo.com bar.foo.com --------------------------------- # chkconfig NetworkManager off # chkconfig --list NetworkManager NetworkManager 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off ########## yum -y remove NetworkManager Googleが提供しているDNSサーバー nameserver 8.8.8.8 +++++++++++++++++++++ ●●●●●● CentOS 6で作るネットワークサーバ構築ガイド (Network Server Construction Guide S) 秀和システム 2012/02 986p 4725 CentOS 6.0 x86_64版インストールDVD付き。 -------------------------------------------------------
当方専用メモ)
●●● CentOS に、libgdbm.so.3 を、インストールする ( for qpopper )

##### qpopper
### CentOS need libgdbm.so.3
### CentOS の、gdbm-1.8.0-36.el6.i686 ( libgdbm.so.2 )
下記 yum は、libgdbm.so.3 とは、関係ないが、当方は、実施。
yum -y install glib openldap-clients compat-libstdc++-33
#	compat-libstdc++-33.i686 0:3.2.3-69.el6
#	glib-1.2.10-33.el6.rf.i686.rpm
#	openldap-clients-2.4.23-32.el6_4.1.i686.rpm
● CentOS に、libgdbm.so.3 を、インストールする ( for qpopper ) ### libgdbm.so.3: cannot open http://www.nognog.com/techmemo/gdbm_Install_HOWTO.php ftp://ftp.gnu.org/pub/gnu/gdbm/ ftp://ftp.gnu.org/pub/gnu/gdbm/gdbm-1.8.3.tar.gz
$ tar xvzf gdbm-1.8.3.tar.gz
$ cd /usr/local/src/gdbm
$ tar zxvf gdbm-1.8.3.tar.gz
$ cd gdbm-1.8.3
$ ./configure
$ make
$ su
# make install
# ln -s /usr/local/lib/libgdbm.so.3 /usr/lib/libgdbm.so.3
# /usr/local/src/gdbm/gdbm-1.8.3/.libs/libgdbm.so.3 # /usr/local/lib/libgdbm.so.3 # /usr/lib/libgdbm.so.2
2013/05/19 当方専用メモ)
●●● CentOS 6.4 で、named を起動中: [失敗]
対策) 600 /var/named/chroot/etc/rndc.key になっていたものを、
# chmod 640 /var/named/chroot/etc/rndc.key
で、OK。
### http://itochif.com/contents/Linux/centos5/dns/bind_00200.html ### named を起動中: [失敗] ( chmod 640 /var/named/chroot/etc/rndc.key )
# tail /var/log/messages
  May 19 14:03:41 mac3 named[3060]: /etc/named.conf:206: open: /etc/rndc.key: permission denied
# chown root:named /var/named/chroot/etc/rndc.key
# chmod 640 /var/named/chroot/etc/rndc.key
● auditd のログから SELinux で拒否されたもの表示
# grep denied /var/log/audit/audit.log
2013/06/17 当方専用メモ)
● CentOS 6.4 で BIND 9.8.2が 60-110% の常時高負荷に
$ ps aux | grep named
  USER   PID  %CPU %MEM    VSZ   RSS TTY   STAT START   TIME COMMAND
  named 1401 100.2  2.0  57340 21088 ?     Ssl  14:59  37:19 /usr/sbin/named -u named -t /var/named/chroot

$ ps top
   PID USER      PR  NI  VIRT  RES  SHR S %CPU %MEM    TIME+  COMMAND
  2934 named     20   0 52520  10m 2536 S 104.5  0.8   2:18.93 named
下の方の、対策後
$ ps aux | grep named
  USER   PID  %CPU %MEM    VSZ   RSS TTY   STAT START   TIME COMMAND
  named 6529   1.0  2.0  57340 21088 ?     Ssl  10:48  00:00 /usr/sbin/named -u named -t /var/named/chroot
と、良好になった。 http://wingse.blog57.fc2.com/blog-entry-290.html 上記、参考
# vi named.conf
	dnssec-enable yes;
	dnssec-validation yes;
	dnssec-lookaside auto;

	/* Path to ISC DLV key */
	bindkeys-file "/etc/named.iscdlv.key";

	managed-keys-directory "/var/named/dynamic";
CentOS 5.9 bind-9.3.6 Fedora 7 bind-9.4.0 CentOS 6.4 bind-9.8.2 ● BIND 9.7.1 位から managed-keys-directory "/var/named/dynamic"; を設定追加 bind-chroot-9.7.1 以上を インストールしていた場合(一般に) /var/named/dynamic とは別に /var/named/chroot/var/named/dynamic ディレクトリを 別途作成する必要ある
$ su
# mkdir /var/named/chroot/var/named/dynamic 
# chmod 770 /var/named/chroot/var/named/dynamic
# chown named:named /var/named/chroot/var/named/dynamic

# /etc/rc.d/init.d/named restart
named.conf で dnssec (DNS Security Extensions) 機能を有効にした場合 この設定をしないと無限ループに陥り、 CPU が高負荷となり dnssec (DNS Security Extensions)機能が 有効にならないとのこと
dnssec (DNS Security Extensions) 機能
http://www.atmarkit.co.jp/news/201101/17/jprs.html 2011/01/17 JPドメイン名がいよいよ dnssec に対応 2011/01/16 から、JPドメイン名サービスに DNSSEC (DNS Security Extensions) を導入 BIND 9.6.0 以降が、必要
● CentOS で、サービスの起動状態の一覧を確認
# /sbin/chkconfig --list
# /sbin/chkconfig network on
# /etc/rc.d/init.d/network restart
● CentOS で、DNSサーバのアドレスが、勝手に変わる
# vi /etc/resolv.conf
# /etc/rc.d/init.d/network restart
CentOS で、DNSサーバのアドレスが、修正前に戻る。 ● 原因) # /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 # の中の DNS1=xxx.xxx.xxx.xxx の設定がある為 # それが、/etc/rc.d/init.d/network restart で、/etc/resolv.conf に反映される 対策) /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 で、 DNS1=xxx.xxx.xxx.xxx を設定する。
● CentOS で、NetworkManager を、止める。
# /sbin/chkconfig NetworkManager off
# /sbin/chkconfig --list NetworkManager
# /etc/init.d/NetworkManager status
2013/05/21
当方専用メモ) CentOS 6.4 ネットワーク 追加
CentOS ネットワーク 追加 #================= ##### CentOS ##### ネットワーク接続 /usr/bin/nm-connection-editor ##### nm-connection-editor in NetworkManager #================= # /usr/bin/nm-connection-editor # # vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 # MACアドレス 00:0F:EA:55:E2:D9 # # ifcfg-eth0.ce64.mac3.m55-1 00:0F:EA:55:E2:D9 # ifcfg-eth0.ce64.mac3.vt800-1 00:0F:EA:31:38:A3 # # 新しいマシンの、ネットワーク設定 # ネットワーク デバイスの確認 注) ifcfg-eth0.ce64.mac3.vt800-1 は、 他で、動作している /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 の、コピー。
$ /sbin/ifconfig -a
   HWADDR=xx:xx:xx:xx:xx:xx
$ vi ifcfg-eth0.ce64.mac3.vt800-1
   HWADDR=xx:xx:xx:xx:xx:xx
$ su
# cp ifcfg-eth0.ce64.mac3.vt800-1 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
# /etc/rc.d/init.d/NetworkManager restart
# /usr/bin/nm-connection-editor
    デバイスの MACアドレス 入力
/etc/rc.d/init.d/NetworkManager stop
2013/05/20
当方専用メモ) CentOS 6.4 
Java Runtime Environment(jre) のインストール
Java Runtime Environment(jre) のインストール http://www.java.com/ja/download/linux_manual.jsp?locale=ja Linux版Javaのダウンロード jre-7u21-linux-i586.rpm ( 2013/05/19 現在 )
# rpm -Uvh jre-7u21-linux-i586.rpm
    /usr/java/jre1.7.0_21/plugin/i386/ns7/libjavaplugin_oji.so
    /usr/java/jre1.7.0_21/lib/i386/libnpjp2.so
#================= ##### CentOS Java ( jre ) #=================
ln -s /usr/java/jre1.7.0_21/lib/i386/libjavaplugin_oji.so /usr/lib/mozilla/plugins/
ln -s /usr/java/jre1.7.0_21/lib/i386/libnpjp2.so /usr/lib/mozilla/plugins/
------------------------------------------------------- http://bogytech.blogspot.jp/2011/06/kterm-jis-x-0213utf-8.html ●●● kterm JIS X 0213/UTF-8 パッチ /usr/local/src/kterm/kterm-6.2.0.ext05.patch.gz 74741 /usr/local/src/kterm/utf-8/kterm-6.2.0.ext05.patch 371939 上記は、当方、まだ利用していない。 ------------------------------------------------------- http://jehupc.exblog.jp/8239364/ (Linux)CentOSからWindows共有をマウントする方法 2013/05/20 CentOS 6.4 で、確認動作 OK。 "mnt-w029.bat" # mount -t cifs //pcxx/xxxx /nmnt18 2014/10/23 現在 # mount -t cifs -o username=share //pcxx/xxxx /nmnt18 はダメ "mnt-w036.bat" # mount -t cifs //pcxx/xxxx /nmnt18 -------------------------------------------------------
2013/05/20
当方専用メモ) CentOS 6.4 KDE サービス管理 導入
● KDE メニューエディタ の内容 管理 サービス サービス管理 システムの起動時に実行するサービスを設定します /usr/bin/system-config-services ●●● http://rpm.pbone.net/index.php3/stat/4/idpl/18329622/dir/centos_6/com/system-config-services-0.99.45-1.el6.3.noarch.rpm.html ここで、以下を、ダウンロード ftp://ftp.muug.mb.ca/mirror/centos/6.4/os/i386/Packages/system-config-services-0.99.45-1.el6.3.noarch.rpm /home2/ce64/system-config-services-0.99.45-1.el6.3.noarch.rpm ftp://ftp.muug.mb.ca/mirror/centos/6.4/os/i386/Packages/gamin-python-0.1.10-9.el6.i686.rpm gamin-python ftp://ftp.muug.mb.ca/mirror/centos/6.4/os/x86_64/Packages/system-config-services-docs-1.1.8-1.el6.noarch.rpm /home2/ce64/system-config-services-docs-1.1.8-1.el6.noarch.rpm ftp://ftp.muug.mb.ca/mirror/centos/6.4/os/x86_64/Packages/python-slip-gtk-0.2.20-1.el6_2.noarch.rpm python-slip-gtk
注) 以上の4件を、まとめて、rpm のこと。
2013/05/20
当方専用メモ) CentOS 6.4 印刷 導入と、設定
#================= ##### CentOS ##### 印刷 /usr/bin/system-config-printer #================= # ● KDE 印刷 の内容 # 管理 # 印刷 # " " # プリンターの設定 # /usr/bin/system-config-printer # # ------------------------------------------------------- ●●● http://rpm.pbone.net/index.php3/stat/4/idpl/20342196/dir/centos_6/com/system-config-printer-1.1.16-23.el6.i686.rpm.html # ここで、以下を、ダウンロード #
注) 以下の3件を、順番に、rpm するか、まとめて、rpm のこと。
# ftp://ftp.muug.mb.ca/mirror/centos/6.4/os/i386/Packages/gnome-python2-gnomekeyring-2.28.0-4.el6.i686.rpm # gnome-python2-gnomekeyring-2.28.0-4.el6.i686.rpm
rpm -Uvh /nmnt07/mpg2/ce64/gnome-python2-gnomekeyring-2.28.0-4.el6.i686.rpm
# ftp://ftp.muug.mb.ca/mirror/centos/6.4/os/i386/Packages/system-config-printer-libs-1.1.16-23.el6.i686.rpm # system-config-printer-libs-1.1.16-23.el6.i686.rpm
rpm -Uvh /nmnt07/mpg2/ce64/system-config-printer-libs-1.1.16-23.el6.i686.rpm
# ftp://ftp.muug.mb.ca/mirror/centos/6.4/os/i386/Packages/system-config-printer-1.1.16-23.el6.i686.rpm # system-config-printer-1.1.16-23.el6.i686.rpm
rpm -Uvh /nmnt07/mpg2/ce64/system-config-printer-1.1.16-23.el6.i686.rpm
# -------------------------------------------------------
LPV3-U2 USB2.0プリントサーバー(buffalo) の設定等は、
★ かってに Linux9 (続き8) を参照。
# ● KDE 印刷 設定 KDE メニューから、 管理 → 印刷 "プリンター設定" 画面となる 左上の、紙アイコンクリック 新規プリンター "デバイスを選択" 画面となる "ネットワークプリンター" → LPD/LPR Host or Printer を選択 ホスト: lp15 キュー(LPV2-TX1のポート名): lpv2-05 を、入力し、進む 製造元 を、選択する。 ex. Canon モデル を、選択する。 ex. PIXUS iP4100 Ver.2.50 ( "かってに Linux19" で追加したもの ) プリンターの説明 入力する。 プリンター名: lp15 説明: iP4100#2 場所: iP4100#2 適用を選択する。
2013/05/27
当方専用メモ)
CentOS 5.9, CentOS 6.4 ( KDE にて )で、
画面消さない サスペンド(スリープ) パワーセーブモードを止める
● CentOS 画面消さない サスペンド(スリープ) パワーセーブモードを止める CentOS 5.9、CentOS 6.4 ( KDE にて )は、以下で、OK 当方専用メモ) パネル右下の、ディスプレイの、設定 電源管理を選択 電源管理を選択 省電力ディスプレイを有効にするに、チェック スタンバイまでの時間 無効 サスペンドまでの時間 無効 電源オフまでの時間  無効
2013/06/07
当方専用メモ)
Fedora 16 ( KDE にて )で、
画面消さない サスペンド(スリープ) パワーセーブモードを止める
Fedora 16 KDE システム設定 電源管理 Activity settings Desktop Act Like ( PC running on AC power )
   GeForce 等、nvidia 性能を発揮したい場合、
   ★ かってに nvidia を、参照

一部を、下記に。

● CentOS 6.4 nvidia 性能を発揮 方法 その1
注) 一度、試した動作したが、
当方、古い Ti4200 も使用したいのだが、
NVIDIA-Linux-x86-96.43.19-pkg1.run は、ダメ。
Ti4200 は、下の方の、
CentOS 6.4 nvidia 性能を発揮 方法 その2 で OK。
( ただし、Fedora 7 での、Ti4200 の性能とは違い、
  xine とりあえず動くが、きびしい )
2013/05/21 追加 当方用メモ)
2013/05/27 追加)
● CentOS 5.9 nvidia 性能を発揮 方法
( Fedora 16 でも、OK )
●●● NVIDIA-Linux-x86-96.43.23-pkg1.run ●●●
2012/09/07版 Added support for X.Org xserver
                   versions 1.11 and 1.12.
http://www.nvidia.com/object/linux-display-ia32-96.43.23-driver.html

NVIDIA-Linux-x86-96.43.23-pkg1.run 2012/09/07版
CentOS 5.9, Fedora 16 で、OK!!
CentOS 6.4 X.Org xserver Ver 1.13 の為、ダメ
CentOS 6.4 ABI X.Org Video Driver: 13.1
# yum list | grep xorg-x11-server
	xorg-x11-server-xxx 1.13.xxx
Fedora 16 ABI X.Org Video Driver: 11.0
# yum list | grep xorg-x11-server
	xorg-x11-server-Xorg.i686 1.11.4-3.fc16
●●● NVIDIAドライバのインストール CentOS 6.4 + GeForce 6600 + nvidia Ver 173.14.37 で、 動作確認済みにて、現在使用中。( KDE にて ) GeForce GeForce 6 Series GeForce 6600 NVIDIA-Linux-x86-173.14.37-pkg1.run X.Org xserver ABI 14 versions 1.14 (2013/04/05) 重要) /etc/grub.conf の、 SYSFONT=latarcyrheb-sun16 の後ろに、 nouveau.modeset=0 を追加する。 ( nomodeset でも、OK ) # init 3 にて、実施
# sh NVIDIA-Linux-x86-173.14.37-pkg1.run は、OK。
    X.Org xserver ABI 14 versions 1.14 (2013/04/05)
# sh NVIDIA-Linux-x86-96.43.19-pkg1.run は、ダメだった。 ( Ti4200 用 )
xorg.conf の設定コマンド例)
# nvidia-xconfig --composite
# nvidia-xconfig --render-accel
# nvidia-xconfig --add-argb-glx-visuals -d 24
注) /etc/X11/xorg.conf の、Section "Monitor" に、 HorizSync 31.5-82.3 VertRefresh 56-76 ( 上記の値は、各自による ) 等、設定しないと、640x400 の表示となるので、注意のこと。 ●●● NVIDIAドライバのアンインストール 例)
# sh NVIDIA-Linux-x86-173.14.37-pkg1.run -uninstall
● CentOS 6.4 nvidia 性能を発揮 方法 その2 ( Ti4200 )
2013/05/21 追加 当方用メモ)
●●● CentOS 6.4 NVIDIAドライバのインストール ( Ti4200 ) http://linux-bsd-sharing.blogspot.jp/2012/04/howto-install-nvidia-drivers-on-centos.html ●●● 上記、Linux/BSD: sharing experiences を参照。
● yum の方法
$ su
# rpm --import http://elrepo.org/RPM-GPG-KEY-elrepo.org
# rpm -Uvh http://elrepo.org/elrepo-release-6-4.el6.elrepo.noarch.rpm
Ti4200 は、96xx を使用のこと。
# yum install kmod-nvidia-96xx
( # yum install kmod-nvidia )
  Installing:
   kmod-nvidia-96xx        i686   96.43.20-1.el6.elrepo        elrepo     1.4 M
  Installing for dependencies:
   nvidia-x11-drv-96xx     i686   96.43.20-1.el6.elrepo        elrepo     5.5 M
# reboot
● rpm の方法 ( CentOS 6.4 )
kmod-nvidia-96xx-96.43.20-1.el6.elrepo.i686.rpm
nvidia-x11-drv-96xx-96.43.20-1.el6.elrepo.i686.rpm
を、下記で、ダウンロード
( ただし、Fedora 7 での、Ti4200 の性能とは違い、
  xine とりあえず動くが、きびしい )
http://pkgs.org/centos-6-rhel-6/elrepo-i386/kmod-nvidia-96xx-96.43.20-1.el6.elrepo.i686.rpm.html http://elrepo.org/linux/elrepo/el6/i386/RPMS/kmod-nvidia-96xx-96.43.20-1.el6.elrepo.i686.rpm kmod-nvidia-96xx-96.43.20-1.el6.elrepo.i686.rpm # http://pkgs.org/centos-6-rhel-6/elrepo-i386/nvidia-x11-drv-96xx-96.43.20-1.el6.elrepo.i686.rpm.html http://elrepo.org/linux/elrepo/el6/i386/RPMS/nvidia-x11-drv-96xx-96.43.20-1.el6.elrepo.i686.rpm nvidia-x11-drv-96xx-96.43.20-1.el6.elrepo.i686.rpm
$ su
# rpm -Uvh kmod-nvidia-96xx-96.43.20-1.el6.elrepo.i686.rpm
# rpm -Uvh nvidia-x11-drv-96xx-96.43.20-1.el6.elrepo.i686.rpm
/etc/X11/xorg.conf がつくられる xorg.conf.ce64.nvidia.ti4200.org システム NVIDIA X Server Settings # ++++++++++ # ti4200 以外
●●● ★ かってに GV-MVP/RX CentOS 版( ivtv利用 )
2013/05/22 追加 当方専用メモ)
2013/06/01 追加 当方専用メモ)
● CentOS 6.4 を、
kernel-lt-3.0.61-1.el6.elrepo.i686
に、カーネルアップデート
これで、標準の、ivtv から、音声が、出て、
NVIDIA-Linux-x86-173.14.37-pkg1.run
を使用し、GV-MVP/RX2(RX) が使える様になった。
CentOS 5.9 + ivtv 0.10.6 で、 2013/05/27現在 使用中。( KDE にて ) ・tuner 電波終了の為、使用しない。 ・S-Video と、Composite を利用し録画。
下記 参考 )
◆ kernel 2.6.18 用 ( ivtv 0.10.3,  0.10.5 及び 0.10.6 )
    "かってに Linux37" ivtv 0.10.6 の、インストール方法  左記クリツク
   ( ivtv-0.10.? で、bilingual を有効にする )
● CentOS 6.4 では、当方うまくいかなかったが、 kernel-lt-3.0.61-1.el6.elrepo.i686 に替えたら、OK
##### CentOS ivtv 2
##### CentOS 6.4 kernel 2.6.32-358
##### CentOS 6.4 kernel 2.6.32-71.29.1 ( rpm --oldpackage -Uvh kernel*.rpm )
# fe16 fedora 16 kernel-3.1.0   ivtv version 1.4.3
# Fedora 14 の、 kernel 2.6.35 用 ( ivtv 1.4.1 )  ( linux044.htm )
# CentOS kernel-2.6.32-71.29.1  ivtv version 1.4.1
http://dl.ivtvdriver.org/ivtv/archive/1.4.x/
http://dl.ivtvdriver.org/ivtv/archive/1.4.x/ivtv-utils-1.4.1.tar.gz
#   /mnt7/mpg2/ce64/ivtv-utils-1.4.1.tar.gz
#
#
# dmesg | grep ittv
# dmesg | grep bttv
#+++++++++++++++++
●●● ★ かってに GV-MVP/RX CentOS 5.9 版( ivtv利用 )
2013/05/27 追加 当方専用メモ)
2013/06/01 追加 当方専用メモ)
● CentOS 6.4 を、
kernel-lt-3.0.61-1.el6.elrepo.i686
に、カーネルアップデート
これで、標準の、ivtv から、音声が、出て、
NVIDIA-Linux-x86-173.14.37-pkg1.run
を使用し、GV-MVP/RX2(RX) が使える様になった。
CentOS 5.9 + ivtv 0.10.6 で、 2013/05/27現在 使用中。( KDE にて ) ・tuner 電波終了の為、使用しない。 ・S-Video と、Composite を利用し録画。
下記 参考 )
◆ kernel 2.6.18 用 ( ivtv 0.10.3,  0.10.5 及び 0.10.6 )
    "かってに Linux37" ivtv 0.10.6 の、インストール方法  左記クリツク
CentOS 5.9 用の、要点部分だけを、
以下に。
"かってに Linux37" の、
◆ 2-4) ivtv の、インストール。
$ wget http://dl.ivtvdriver.org/ivtv/archive/0.10.x/ivtv-0.10.6.tar.gz
$ wget http://www.macmil.co.jp/macmil/dat/saa7115p.tar
$ wget http://www.macmil.co.jp/macmil/dat/tvaudiop.tar
$ wget http://www.macmil.co.jp/macmil/dat/kb10-082.tar

( kernel-devel が入ってない時、 )
( # yum -y install kernel-devel 事前に実施のこと )

$ tar xvzf ivtv-0.10.6.tar.gz 
$ cp saa7115p.tar ivtv-0.10.6/i2c-drivers/saa7115.c
$ cp tvaudiop.tar ivtv-0.10.6/i2c-drivers/tvaudio.c
$ cp kb10-082.tar ivtv-0.10.6/i2c-drivers/Kbuild
$ cd ./ivtv-0.10.6
$ make
$ su
# make install
# cp i2c-drivers/saa7115.ko /lib/modules/`uname -r`/kernel/drivers/media/video/
# cp i2c-drivers/tvaudio.ko /lib/modules/`uname -r`/kernel/drivers/media/video/
-------------------------------------------------------
"かってに Linux37" の、
◆ 4) I-O DATA GV-MVP/RX2 ファームウエアのインストール
http://dl.ivtvdriver.org/ivtv/firmware/ より、
http://dl.ivtvdriver.org/ivtv/firmware/ivtv-firmware-20070217.tar.gz
wget の場合は、
wget http://dl.ivtvdriver.org/ivtv/firmware/ivtv-firmware-20070217.tar.gz
http://dl.ivtvdriver.org/ivtv/firmware/ivtv-firmware-20080701.tar.gz
wget の場合は、
wget http://dl.ivtvdriver.org/ivtv/firmware/ivtv-firmware-20080701.tar.gz

● 当方は、ivtv-firmware-20070217.tar.gz を使用。
$ su
# tar xvzf ivtv-firmware-20070217.tar.gz
# ( tar xvzf ivtv-firmware-20080701.tar.gz )
# cp v4l-cx2341x-dec.fw /lib/firmware/
# cp v4l-cx2341x-enc.fw /lib/firmware/
-------------------------------------------------------
"かってに Linux37" の、
/etc/modprobe.conf 設定
● /etc/modprobe.conf の後に、に以下を、追加する。
$ su
# vi /etc/modprobe.conf
# for IO-DATA GV-MVP/RX(RX2) 2枚使用
### options ivtv tuner=46 ntsc=j
options ivtv tuner=46,46 ntsc=j

# for ivtv 0.10.0 ( 0.9.1 )
install videodev /sbin/modprobe --ignore-install videodev; \
    /sbin/modprobe i2c-core; /sbin/modprobe i2c-algo-bit; \
    /sbin/modprobe tuner; /sbin/modprobe saa7115;
install ivtv /sbin/modprobe --ignore-install ivtv; \
    /sbin/modprobe upd64031a; /sbin/modprobe upd64083; \
    /sbin/modprobe tvaudio; \
    /sbin/modprobe wm8739
を、追加する。 -------------------------------------------------------
重要) /sbin/rmmod ivtv 等は、
      CentOS では、フリーズするので、
/etc/rc.local には、
/sbin/rmmod ivtv
/sbin/modprobe ivtv tuner=46 ntsc=j
等は入れないこと。 /sbin/rmmod ivtv は、 CentOS では、ハングアップするので、 使用しないこと!!
CentOS 5.9 用以外の部分は、Fedora 用の、以下に。
詳細は、"かってに Linux37" ivtv 0.10.6 の、インストール方法  左記クリツク
● 設定等の、変更時は、
 /sbin/rmmod ivtv 等は、フリーズするので、
 使用せずに、再立ち上げのこと。
以下は、当方専用メモ) ### CentOS cp -p rc.local.fe59 /etc/rc.local ### ●●● 下記は、CentOS では、ハングアップするので、使用しないこと!! # for IO-DATA GV-MVP/RX ### for CentOS ### /sbin/rmmod ivtv ### /sbin/modprobe ivtv tuner=46,46 ntsc=j
下の方の、
/dev/video* を、root 以外で、アクセス可にする。
を、実施しておく。
2013/06/01
当方専用メモ)
/dev/video* を、root 以外で、アクセス可にする。
CentOS 5.9 の場合
console.perms ではなく、 デフォルトファイル "50-default.perms" の、 50 より大きな数字で始まる "nn-????.perms" を作成する ex) 55-default.perms 55-default.perms の内容を、下記の様に作成。
# device classes
<v4l>=/dev/video* /dev/radio* /dev/vbi*
# permission definitions
<console>  0666 <v4l>        0666 root 
作成後、以下を実施する
$ su
# cp -p 55-default.perms /etc/security/console.perms.d/
# chmod 644 /etc/security/console.perms.d/55-default.perms
# chown root:root /etc/security/console.perms.d/55-default.perms
# /sbin/pam_console_apply -r
2013/06/01
当方専用メモ)
/dev/video* を、root 以外で、アクセス可にする。
CentOS 6.4 の場合
/lib/udev/rules.d/50-udev-default.rules に
, MODE="0666" を、追加
$ su
# vi /lib/udev/rules.d/50-udev-default.rules
# video4linux
SUBSYSTEM=="video4linux",       GROUP="video", MODE="0666"

# ● sound も、必要により、, MODE="0666" を、追加
# sound
SUBSYSTEM=="sound",             GROUP="audio", MODE="0666"
以下は、当方専用メモ)
cp -p /usr/mac/50-udev-default.rules.ce64 /lib/udev/rules.d/50-udev-default.rules
chown root:root /lib/udev/rules.d/50-udev-default.rules
2014/12/18 音が、出なくなった。音が出ない。Sound, sound, サウンド
●●● 音が、出なくなった。音が出ない。Sound, sound, サウンド
音が出なくなったので、下記を実施したが、ダメ。
# rpm -Uvh /mnt7/mpg2/ce64/pulseaudio-0.9.21-14.el6_3.i686.rpm

2014/12/23
● 以下で、音が出た
ミキサー
  設定
    チャンネルの設定
      Line を追加
        ボリュームを上げる

● 音が出たので、下記、削除
# rpm -Uvh /mnt7/mpg2/ce64/pulseaudio-0.9.21-14.el6_3.i686.rpm
# yum -y erase pulseaudio
Erasina    : pulseaudio-0.9.21-14.el6_3.i686
2013/06/01 追加 当方専用メモ)
● CentOS 6.4 標準の ivtv で、GV-MVP/RX2(RX) を使う
● CentOS 6.4 を、 kernel-lt-3.0.61-1.el6.elrepo.i686 に、カーネルアップデート これで、標準の、ivtv から、音声が、出て、 NVIDIA-Linux-x86-173.14.37-pkg1.run を使用し、GV-MVP/RX2(RX) が使える様になった。
下記から、
http://mirror.ventraip.net.au/elrepo/archive/kernel/el6/i386/RPMS/
kernel-lt-3.0.xx-1.el6.elrepo.i686.rpm
kernel-lt-devel-3.0.xx-1.el6.elrepo.i686.rpm
kernel-lt-firmware-3.0.xx-1.el6.elrepo.noarch.rpm
kernel-lt-headers-3.0.xx-1.el6.elrepo.i386.rpm
を、ダウンロード。
$ su
# yum localinstall kernel-lt-*
2013/06/19 現在、3.0.61-1 はなく、かなり早く、更新されるので、 自分に、あったものを試すと良い。
カーネルパッケージを 古いバージョンに戻す。
# rpm --oldpackage -Uvh kernel*.rpm
2013/06/01 ivtv の音声が、ダメなので、
kernel-lt-3.0.61-1.el6.elrepo.i686 に替えたら、
ivtv の音声 OK なので、
カーネルパッケージを 古いバージョンに戻すのは、不要となった。
keyインポート # rpm --import http://elrepo.org/RPM-GPG-KEY-elrepo.org ダウンロード $ wget http://mirror.ventraip.net.au/elrepo/archive/kernel/el6/i386/RPMS/kernel-lt-3.0.61-1.el6.elrepo.i686.rpm kernel-lt-3.0.61-1.el6.elrepo.i686.rpm $ wget http://mirror.ventraip.net.au/elrepo/archive/kernel/el6/i386/RPMS/kernel-lt-devel-3.0.61-1.el6.elrepo.i686.rpm kernel-lt-devel-3.0.61-1.el6.elrepo.i686.rpm $ wget http://mirror.ventraip.net.au/elrepo/archive/kernel/el6/i386/RPMS/kernel-lt-firmware-3.0.61-1.el6.elrepo.noarch.rpm kernel-lt-firmware-3.0.61-1.el6.elrepo.noarch.rpm $ wget http://mirror.ventraip.net.au/elrepo/archive/kernel/el6/i386/RPMS/kernel-lt-headers-3.0.61-1.el6.elrepo.i386.rpm kernel-lt-headers-3.0.61-1.el6.elrepo.i386.rpm $ su # yum localinstall kernel-lt-*
http://dan-project.blog.so-net.ne.jp/2011-11-26 上記参考。 # CentOS 6 kernel-2.6.32-131.17.1.el6 は、ivtv パニック # CentOS 6.0 kernel-2.6.32-71.29.1.el6.i686 にバージョンダウン # rpm --oldpackage -Uvh \ # kernel-2.6.32-71.29.1.el6.i686.rpm \ # kernel-devel-2.6.32-71.29.1.el6.i686.rpm \ # kernel-firmware-2.6.32-71.29.1.el6.noarch.rpm \ # kernel-headers-2.6.32-71.29.1.el6.i686.rpm http://rpm.pbone.net/index.php3?stat=26&dist=79&size=67070805&name=kernel-2.6.32-71.29.1.el6.src.rpm ### kernel-2.6.32-71.29 search ● ソース.rpm ftp://ftp.pbone.net/mirror/vault.centos.org/6.0/updates/SRPMS/kernel-2.6.32-71.29.1.el6.src.rpm ● kernel-2.6.32-71.29.1.el6.i686.rpm ftp://ftp.icm.edu.pl/vol/rzm2/linux-slc/updates/slc6X/i386/RPMS/kernel-2.6.32-71.29.1.el6.i686.rpm ### kernel-devel-2.6.32-71 search ● kernel-devel-2.6.32-71.29.1.el6.i686.rpm ftp://ftp.icm.edu.pl/vol/rzm2/linux-slc/updates/slc6X/i386/RPMS/kernel-devel-2.6.32-71.29.1.el6.i686.rpm ### kernel-firmware-2.6.32-71.29.1 search ● kernel-firmware-2.6.32-71.29.1.el6.noarch.rpm ftp://ftp.icm.edu.pl/vol/rzm2/linux-slc/updates/slc6X/x86_64/RPMS/kernel-firmware-2.6.32-71.29.1.el6.noarch.rpm # kernel-headers-2.6.32-71 search ● kernel-headers-2.6.32-71.29.1.el6.i686.rpm ftp://ftp.icm.edu.pl/vol/rzm2/linux-slc/updates/slc6X/i386/RPMS/kernel-headers-2.6.32-71.29.1.el6.i686.rpm
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/781noupdateyum.html
特定のファイルをyumのアップデート対象から外すには

/etc/yum.confに設定を追加
# vi /etc/yum.conf
	# exclude=kernel* xorg-x11*
	exclude=xorg-x11*
2013/06/18) 当方は、CentOS で、Ti4200 を
NVIDIA-Linux-x86-96.43.23-pkg1.run で使用。
CentOS 6.4 X.Org xserver Ver 1.13 の為、ダメなので、
上記、設定で、
CentOS 6.3 X.Org xserver Ver 1.10 のまま、
CentOS 6.4 に、update し、Ti4200 を
NVIDIA-Linux-x86-96.43.23-pkg1.run で使用している。
注) exclude=kernel* にすると、 yum で、kernel に関する、操作不可能となるので、 下記の、 # yumでの、起動時 kernel を、自動では、変更しない で、設定の方がよい。
●●● 自動アップデートの停止 # yumでアップデートする際にkernelを自動アップデートしないように設定変更。 # yumでの、起動時 kernel を、自動では、変更しない
$su 
# vi etc/sysconfig/kernel
   # MMM UPDATEDEFAULT=yes
   UPDATEDEFAULT=no
以下は、当方専用)
# cp kernel.fed7 /etc/sysconfig/kernel
# chown root:root /etc/sysconfig/kernel
当方用メモ) /mnt7/mpg2/ce64/32-71/ ( ソース.rpm kernel-2.6.32-71.29.1.el6.src.rpm )
# ls kernel*.rpm
  kernel-firmware-2.6.32-71.29.1.el6.noarch.rpm
  kernel-headers-2.6.32-71.29.1.el6.i686.rpm
  kernel-2.6.32-71.29.1.el6.i686.rpm
  kernel-devel-2.6.32-71.29.1.el6.i686.rpm
# rpm --oldpackage -Uvh kernel*.rpm
結構、時間がかかる。 再立上げ。 kernel-2.6.32-71.29.1 ivtv version 1.4.1 となる。
2013/06/01 追加 当方専用メモ)
● CentOS 6.4 を、
kernel-lt-3.0.61-1.el6.elrepo.i686
に、カーネルアップデート
( これで、ivtv から、音声が、出て、
  下記、NVIDIA-Linux-x86-173.14.37-pkg1.run
    X.Org xserver ABI 14 versions 1.14 (2013/04/05)
  実施で、GV-MVP/RX (ivtv) が、
  使える様になった。

● NVIDIA-Linux-x86-173.14.37-pkg1.run は、
   以下の、オプション必要
  --kernel-source-path /usr/src/kernels/$(uname -r)/
  --kernel-source-path /lib/modules/$(unam -r)/build/include では無いので、注意
# sh NVIDIA-Linux-x86-173.14.37-pkg1.run --kernel-source-path /usr/src/kernels/3.0.61-1.el6.elrepo.i686/
CentOS 6.0 カーネルアップデート 上記、参考 # # keyインポート # rpm --import http://elrepo.org/RPM-GPG-KEY-elrepo.org # # ダウンロード # wget http://mirror.ventraip.net.au/elrepo/archive/kernel/el6/i386/RPMS/kernel-lt-3.0.61-1.el6.elrepo.i686.rpm # kernel-lt-3.0.61-1.el6.elrepo.i686.rpm # wget http://mirror.ventraip.net.au/elrepo/archive/kernel/el6/i386/RPMS/kernel-lt-devel-3.0.61-1.el6.elrepo.i686.rpm # kernel-lt-devel-3.0.61-1.el6.elrepo.i686.rpm # wget http://mirror.ventraip.net.au/elrepo/archive/kernel/el6/i386/RPMS/kernel-lt-firmware-3.0.61-1.el6.elrepo.noarch.rpm # kernel-lt-firmware-3.0.61-1.el6.elrepo.noarch.rpm # wget http://mirror.ventraip.net.au/elrepo/archive/kernel/el6/i386/RPMS/kernel-lt-headers-3.0.61-1.el6.elrepo.i386.rpm # kernel-lt-headers-3.0.61-1.el6.elrepo.i386.rpm # # yumを使ってインストール
( # yum localinstall --enablerepo=elrepo-kernel xxxxxxxx はダメ )
$ su
# yum localinstall kernel-lt-3.0.61-1.el6.elrepo.i686.rpm
# yum localinstall kernel-lt-devel-3.0.61-1.el6.elrepo.i686.rpm
# yum localinstall kernel-lt-firmware-3.0.61-1.el6.elrepo.noarch.rpm

# yum localinstall kernel-lt-headers-3.0.61-1.el6.elrepo.i386.rpm
     libX11-devel-1.5.0-4.el6.i686 has missing requires of pkgconfig(xcb) >= ('0', '1.1.92', None)
# yum remove kernel-headers-2.6.32-358.6.2.el6.i686 (以前のを消さないと上記エラー)
以前のを消して、( gcc も、削除された )
再度
# yum localinstall kernel-lt-headers-3.0.61-1.el6.elrepo.i386.rpm

# yum install gcc

起動メニュー編集
# vi /etc/grub.conf ( vi /boot/grub/menu.lst 同じこと )
	default=0


● 続いて、NVIDIA 実施 ( 標準では、遅すぎて、xine 等が、使い物にならない為 )
● NVIDIA-Linux-x86-173.14.37-pkg1.run インストール
# locate kernel.h
	/usr/src/kernels/3.0.61-1.el6.elrepo.i686/.......
init 3 で。 以下の、オプション必要 --kernel-source-path /usr/src/kernels/$(uname -r)/ --kernel-source-path /lib/modules/$(unam -r)/build/include では無いので、注意
# sh NVIDIA-Linux-x86-173.14.37-pkg1.run --kernel-source-path /usr/src/kernels/3.0.61-1.el6.elrepo.i686/
●●● CentOS xine 音ズレ対策
2013/05/21 追加 当方専用メモ)
上記、nvidia ドライバーで、 xine が使いものになったが、音がずれる。 "-A esd" を付け、OK。
$ su
# yum -y erase pulseaudio
で、pulseaudio を、削除する # LANG="en_US" /usr/bin/xine -A esd horiuc11.mpg & # LANG="en_US" /usr/bin/xine -A esd /nmnt07/mpg2/test2.mpg &
当方専用メモ)
# ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ # ●●●●●● start xv ●●●●●● # ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
/etc/X11/xorg.conf の Module セクションに
Load "extmod"を加える

無いと、下記、エラーとなる

$ /usr/bin/xvinfo
Xlib:  extension "XVideo" missing on display ":0.0".
xvinfo: No X-Video Extension on :0.0
$ su
# vi /etc/X11/xorg.conf
Section "Module"
         Load  "glx"
### for X-Video Extension version 2.2   Load  "extmod"
         Load  "extmod"
EndSection
● /etc/X11/xorg.conf に、Load "extmod" が無いと、下記、エラーとなる
$ /usr/bin/xvinfo
	Xlib:  extension "XVideo" missing on display ":0.0".
	xvinfo: No X-Video Extension on :0.0
参考) http://d.hatena.ne.jp/cesium133/?of=5 # ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ # ●●●●●● end xv ●●●●●● # ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
当方専用メモ)
● CentOS 6.4 eclipse 3.6 Helios
   Eclipse プラグイン日本語化
CentOS 6.4 eclipse 3.6 Helios - Eclipse プラグイン日本語化 詳細は、"andro001.htm" の、eclipse juno(4.2) Fedora 16 日本語化プラグインの方法 参照 pleiades-e3.6-platform_20110326.zip ダウンロード ( /mnt7/mpg2/ce64/pleiades-e3.6-platform_20110326.zip ) 注) 下記の、/mnt7/mpg2/ce64/work は、当方用で、各自による。
$ mkdir /mnt7/mpg2/ce64/work
$ cd /mnt7/mpg2/ce64/work
    work に、pleiades-e3.6-platform_20110326.zip ダウンロード
    ( ●●● cp /mnt7/mpg2/ce64/pleiades-e3.6-platform_20110326.zip . )
$ unzip pleiades-e3.6-platform_20110326.zip
	eclipse/dropins/MergeDoc を
	まるごと Eclipse本体の”dropins”に上書きコピーする。
$ su
# cd /mnt7/mpg2/ce64/work
# cp -r eclipse/dropins/* /usr/lib/eclipse/dropins/
# ls -l /usr/lib/eclipse/dropins/MergeDoc

● eclipse.ini の最後に -javaagent: を追加
# vi /usr/lib/eclipse/eclipse.ini
	-javaagent:/usr/lib/eclipse/dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
# exit
$ /usr/lib/eclipse/eclipse -clean &
●●● 当方専用メモ) /mnt7/mpg2/ce64/work/eclipse/dropins/MergeDoc だけを、残す
$ cp -a -u -f /mnt7/mpg2/ce64/work/eclipse/dropins /nmnt07/mpg2/ce64/work/eclipse
$ rm -rf /mnt7/mpg2/ce64/work
$ cp -a -u -f /nmnt07/mpg2/ce64/work /mnt7/mpg2/ce64/
$ ls -ld /mnt7/mpg2/ce64/work/eclipse/*
当方専用メモ) 2013/11/09 追加
●  CentOS 6.4 に、フォント追加
IPAフォント ipa
さざなみフォント: 東風(しののめ)フォント代替
#================= ##### IPAフォント ipa #================= ### CentOS 6.4
$ su
# mkdir /usr/share/fonts/ipa-mincho
# mkdir /usr/share/fonts/ipa-gothic
# cp ipam.ttf /usr/share/fonts/ipa-mincho
# cp ipag.ttf /usr/share/fonts/ipa-gothic
# chmod 644 /usr/share/fonts/ipa-mincho/*.ttf
# chown root:root /usr/share/fonts/ipa-mincho/*.ttf
# chmod 644 /usr/share/fonts/ipa-gothic/*.ttf
# chown root:root /usr/share/fonts/ipa-gothic/*.ttf
# cd /usr/share/fonts/ipa-mincho
# /usr/bin/ttmkfdir > fonts.scale
# /usr/bin/mkfontdir
# cd /usr/share/fonts/ipa-gothic
# /usr/bin/ttmkfdir > fonts.scale
# /usr/bin/mkfontdir
http://sourceforge.jp/projects/efont/
さざなみフォント: 東風(しののめ)フォント代替フォント
http://sourceforge.jp/projects/efont/downloads/10087/sazanami-20040629.tar.bz2/
sazanami-20040629.tar.bz2 2004/06/29
	sazanami-gothic.ttf
	sazanami-mincho.ttf
#================= ##### さざなみフォント: 東風(しののめ)フォント代替フォント sazanami #================= ### CentOS 6.4
$ su
# mkdir /usr/share/fonts/sazanami-mincho
# mkdir /usr/share/fonts/sazanami-gothic
# cp sazanami-mincho.ttf /usr/share/fonts/sazanami-mincho
# cp sazanami-gothic.ttf /usr/share/fonts/sazanami-gothic
# chmod 644 /usr/share/fonts/sazanami-mincho/*.ttf
# chown root:root /usr/share/fonts/sazanami-mincho/*.ttf
# chmod 644 /usr/share/fonts/sazanami-gothic/*.ttf
# chown root:root /usr/share/fonts/sazanami-gothic/*.ttf
# cd /usr/share/fonts/sazanami-mincho
# /usr/bin/ttmkfdir > fonts.scale
# /usr/bin/mkfontdir
# cd /usr/share/fonts/sazanami-gothic
# /usr/bin/ttmkfdir > fonts.scale
# /usr/bin/mkfontdir
当方専用メモ) 2013/11/14 追加
● CentOS 6.4 kterm 関連ですが、
   ただいま、整理中の為、当方専用用メモ書き。
タイムズフォントの情報 ( 論理フォント名 ) http://sc.u.packet-workz.co.jp/archive/column/font.htm # Filename -Foundry-Family-Weight-Slant-SetWidth-AddStyle-PixelSize-PointSize-ResolutionX-ResolutionY-Spacing-AverageWidth-Registry-Encoding
● Foundry 	フォント作成者の名前 	adobe
● Family_Name 	フォントのファミリ名
● Weight_Name 	フォントの重さ(太さ) bold:太字, medium:普通
● Slant 	フォントの傾き r(Roman):傾いてない, i(Italic):傾, o(Oblique):少し傾
● Setwidth_Name 	フォントの幅 normal:普通, semicondensend:幅が狭い
Add_Style_Name 	フォントのスタイルの付加情報
serif:髪飾りアリ, sans(sans serif):髪飾りナシ
			※髪飾り…文字I、Hなどの上下に付く飾り
● Pixel_Size 	ピクセルサイズ(ドットサイズ 	24
Point_Size 	ポイントサイズ 1/10ポイント単位で表した大きさ 	240
Resolution_X 	水平方向の解像度(ドット/インチ:dpi 	75
Resolution_Y 	垂直方向の解像度(ドット/インチ:dip 	75
● Spacing 	文字間隔
			p(Proportional):	文字ごとに可変
			m(Monospace):	一定
			c(CharCell):	各フォントが一定の枠内に収まる
Average_Width 	フォントの平均文字幅 1/10ピクセル単位で表記されている 	128
● Charset_Registry 	フォントを登録した組織名、または標準名 	iso8859
Charset_Encoding 	フォントのエンコーディング
	iso8859-1はASCIIコードをベースとしたエンコーディング
	jisx0208、1983-0は7ビットのJIS漢字コード
VLゴシック
M+ OUTLINE FONTSとさざなみゴシックとの合成フォント
VL ゴシック (VL Gothic) - 固定幅フォント

http://sourceforge.jp/projects/vlgothic/releases/
VLゴシックフォントファミリ - SourceForge.JP
http://sourceforge.jp/projects/vlgothic/releases/58961
http://sourceforge.jp/projects/vlgothic/downloads/58961/VLGothic-20130607.zip/

2013/06/07
* VL-PGothic/VL-Gothic の M+1C,1M 部分を 2013.06.07 の CVS HEAD に更新
(TESTFLIGHT056相当)
* VL-PGothic/VL-Gothic に記号類を追加
* U+270AU+270C
* VL-PGothic/VL-Gothic にUnicode絵文字を追加
* U+1F50B,U+1F6AB,U+1F6AE,U+1F6B91F6BB, U+1F6BE
●●● Truetype フォントの場合、'jisx0208.1983-0'、 'jisx0201.1976-0'、'jisx0212.1990-0' の 3 通りを指定できまる
●●●●●●●●●●●●
http://www.bekkoame.ne.jp/~wasat/unix/X91.html
encodings.dir の作成
# cd /usr/share/X11/fonts/encodings/
# /usr/bin/mkfontdir -n -r -e . -e ./large
#  ( /usr/share/X11/fonts/encodings/large/jisx0208.1990-0.enc.gz )
# ls /usr/share/X11/fonts/encodings/encodings.dir
#       -rw-r--r--  1 root 2441 11月 14 11:19 2013 encodings.dir
# ( /usr/mac/encodings.dir.ce64 )
# cd /usr/share/X11/fonts/TTF
# /usr/bin/ttmkfdir --encoding /usr/share/X11/fonts/encodings/encodings.dir
# /usr/bin/mkfontdir
# vi /etc/X11/fontpath.d/xorg-x11-fonts-TTF/fonts.dir
#
### 確認
### Xサーバ上で利用可能なフォント名一覧を得る
# $ /usr/bin/xlsfonts | grep jisx
# $ /usr/bin/xfd -fn "-misc-vl gothic-medium-r-normal--0-0-0-0-c-0-jisx0208.1990-0"
# $ /usr/bin/xfd -fn "-misc-vl gothic-medium-r-normal--16-0-0-0-c-0-jisx0208.1990-0"
# $ xfd -fn "-misc-vl gothic-medium-r-normal--12-87-100-100-c-161-jisx0208.1990-0"
# $ xfd -fn "-misc-vl gothic-medium-r-normal--16-116-100-100-c-214-jisx0208.1990-0"

# $ xfd -fn "-misc-vl gothic-medium-r-normal--16-150-75-75-c-160-jisx0208.1990-0" では、ダメ、下記、75 77 にする
# $ xfd -fn "-misc-vl gothic-medium-r-normal--16-150-75-77-c-160-jisx0208.1990-0"
●●●●●●●●●●●●
当方専用メモ) 2013/11/12 追加
● vim 改行時 自動で #,"等 コメント 挿入される
vim 改行時 自動で #,"等 コメント 挿入をやめるには。 http://d.hatena.ne.jp/yuichi_katahira/20090117/1232209418 ● vimの改行時に自動でコメントが挿入されるのをやめたい ( http://easyramble.com/disable-vim-auto-comment.html ) ● vim で、改行での自動コメントアウトを無効にする ● vimで「#」コメント行から改行すると「#」を自動挿入してしまうのを無効にする 上記、参考。 当方の、対策。 ~/.vimrc ( /usr/mac/.vimrc.ce64 ) に、以下を追加。
$ ~/.vimrc
" I want to disable the auto-comment out with a new line
autocmd FileType * setlocal formatoptions-=ro
"andro004.htm", "linux045.htm"
2014/11/06 /usr/mac/.vimrc.ce64.android.linux ~/.vimrc で使用中
"/usr/mac/.vimrc.ce64.android.linux"
"\bc\vimrc.ce64.android.linux"
●● Windows用 ( kconv.exe 後、ヘッダー部分を
" for /usr/vim ( windows )
"  .ps20
" android.vimrc.win.sji [ " .vimrc ]
に替え、"vimrc.win" としてある
copy \bc\vimrc.win C:\"Documents and Settings"\mac\.vimrc
当方専用メモ) 2013/11/12 追加
● vim 指定した文字コードに変換して保存する
vim の中で、 sjis(cp932), euc(euc-jp), urf8(utf-8) それぞれで、設定する。
:set fileencoding=cp932
:set fileencoding=euc-jp
:set fileencoding=utf-8
上記、省略形
:set fenc=cp932
:set fenc=euc-jp
:set fenc=utf-8
:w することで、文字コードを変更して保存が完了
当方専用メモ) 2013/11/13 追加
● Windows のコマンドプロンプトでUTF8を表示する
Windows のコマンドプロンプトでUTF8を表示する http://www.koikikukan.com/archives/2013/06/27-025555.php プロパティ フォント ラスタフォント 8x18 を、 MSゴシック 16 chcp 932 shift_JIS:932 chcp 65001 UTF-8:65001 chcp 51932 EUC-JP:51932 chcp 20932 EUC:20932 Windos XP では、euc は、ダメだった。
当方専用メモ) 2013/11/09 追加
●●● CentOS 6.4 端末(gnome-terminal) 文字化け
● euc 文字化け
端末(gnome-terminal)で、 端末(T) 文字コードの設定 日本語(EUC-JP) $ export LANG="ja_JP.EUC" $ vi k01-6000.euc
● sjis 文字化け
●●● CentOS 6.4 で SJIS を使う ●●● http://bird-memo.seesaa.net/article/152118155.html # localedef -f SHIFT_JIS -i ja_JP ja_JP.SJIS character map `SHIFT_JIS' is not ASCII compatible, locale not ISO C compliant 端末(gnome-terminal)で、 端末(T) 文字コードの設定 日本語(SHIFTJIS) $ export LANG="ja_JP.SJIS" $ vi kiyo02.sji
当方専用メモ)
● Fedora 16 では、eth0 ではなく、p7p1 等となる
eth0 が、p7p1 になっている ( p7p1 は、パソコンによる ) /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-p7p1 等になる ifcfg-eth0 の設定では、eth0 が無い旨のエラーとなる
"instfe16.bat" # ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ # ●●● start Fedora 16 network start eth0 → p7p1 ●●● # cp -p ifcfg-eth0.fe16.mac5 ifcfg-eth0.fe16.mac5.p7p1 # ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ### /etc/init.d/network start を、実行すると、systemctl 配下になる # 以下で、実施すること # cd /etc/init.d # ./network start # とすれば、systemctl からではない、メッセージが表示される 当方用メモ) ネットワーク再起動の後、named 確認し、止まっていれば再起動。
# dig canon.jp
# /bin/systemctl restart named.service
ネットワークインタフェースの確認
# /sbin/ifconfig
	lo        Link encap:Local Loopback
	p7p1      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:0D:61:4A:6B:45
 eth0 が、p7p1 になっている ( ●●● p7p1 は、パソコンによる )
当方用メモ) cp -p ifcfg-eth0.fe16.mac5 ifcfg-eth0.fe16.mac5.p7p1 ●●● Fedora 16 では、eth0 ではなく、p7p1 等となる ● Fedora 16 システムトレイで、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 の、接続をすれば、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 で、OK ただし、ネットワークを有効にするのチェックは、ハズしてあるが、 NetworkManagerサービスが開始される
cp -p /usr/mac/ifcfg-eth0.fe16.mac5 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
#### cp -p /usr/mac/ifcfg-eth0.fe16.mac5.p7p1 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-p7p1
以下の、3つのどれか、実施。
# /sbin/service network restart

# /bin/systemctl restart network.service

# cd /etc/init.d
# ./network start
# ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ##### ●●● end Fedora 16 network start eth0 → p7p1 ●●● # ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2013/06/18 追加 当方専用メモ)
● Fedora 16 や、
   CentOS 6.4 で、IDE HD に、OS インストールし、
   IDE と SATA 混合使用の場合、起動の度に、/dev/sda が異なる

   起動時に BIOS が、認識した順序で
   デバイス名 "/dev/sda?" 等が、つけられる
CentOS 6.4 IDE に、OS インストールし、 IDE と SATA 混合使用の場合、起動の度に、 /dev/sda が異なる
$ ls -1 /dev/disk/by-id/ ( disp 1 line )
$ ls -l /dev/disk/by-id/ | grep ata
$ ls -l /dev/disk/by-id/ | grep sda3
$ ls -l /dev/disk/by-id/ | grep sdb3
	デバイス名 /dev/disk/by-id/ata-HDT722525DLA380_VDB41BT4DVR48C-part3
$ ls -l /dev/disk/by-id/ata-HDT722525DLA380_VDB41BT4DVR48C-part3
$ su
# vi /etc/fstab
### UUID=412c3da9-0453-4029-a530-5df07d10ed67 swap swap defaults  0 0
### /dev/sda3               swap                   swap defaults  0 0
/dev/disk/by-id/ata-HDT722525DLA380_VDB41BT4DVR48C-part3 swap swap defaults 0 0
上記の方法ではなく、下記の、方法を、当方使用。 ● /usr/mac/fstab.ce64.SWAP-sda3 /dev/sda3 に SWAP-sda3 というラベルを付ける
$ su
# /sbin/mkswap -L SWAP-sda3 /dev/sda3
    /dev/sda3: デバイスもしくはリソースがビジー状態です

● swap を止める
# /sbin/swapoff -a

● /dev/sda3 に SWAP-sda3 というラベルを付ける
# /sbin/mkswap -L SWAP-sda3 /dev/sda3
     スワップ空間バージョン1を設定します、サイズ = 8191996 KiB
     LABEL=SWAP-sda3, UUID=de517535-c00b-485f-bd5c-08b85eafc936

● swap を 有効にする
# /sbin/swapon /dev/sda3 

● ラベルの確認
# ls -l /dev/disk/by-label/
当方専用メモ)
2013/06/21
● CentOS 6.4 yum で、最新 firefox に、update
http://d.hatena.ne.jp/kazuokohchi/20130223/1361606949 上記、参考 ● CentOS 6.4 最新 firefox の、yum ・Firefox 17.0.3 → Firefox 21.0 ( 2013/06/21 現在 )
$ su
# yum --disablerepo=\* --enablerepo=remi update firefox
     ---> Package firefox.i686 0:17.0.6-1.el6.centos will be updated
     ---> Package firefox.i686 0:21.0-4.el6.remi will be an update
   firefox.i686 0:21.0-4.el6.remi
   xulrunner-last.i686 0:21.0-2.el6.remi
keyインポート file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi remi-release-6-2.el6.remi.noarch
2013/08/23
当方専用メモ)
● Panasonic LET'S NOTE CF-T8, CF-W8 で、
   CentOS 6.4 無線LAN( Wi-Fi ) を使用
2013/08/23 現在、Panasonic LET'S NOTE CF-T8, CF-W8 で利用中。 http://inaz2.hatenablog.com/entry/2013/08/12/043505 上記他、参考
注) 下記は、当方専用の、覚書で、整理してない。

当方専用用メモ) 2013/08/23 から、使用中
当方で、実施した、
CF-T8, CF-W8 での、CentOS 6.4 無線LAN(Wi-Fi)のポイント
( 殆どの、ツール、ドライバー、firmware は、当方では、入っていた ) 
( wlan1 は、wlan0 の場合もある )
( 今回、特に、当方では、ツール等、ダウンロードの必要なかった )
 1. ls /lib/firmware/iw* で、
    /lib/firmware/iwlwifi-5000-5.ucode の確認 ( 当方の、CF-T8 はこれ )
 2. /sbin/ifconfig -a で wlan? の確認、 HWaddr xx:xx:xx:xx:xx:xx をメモ
 3. /sbin/iwlist で、使用する、無線ルーターの ESSID等、調べる
 4. ifcfg-wlan? 作成 ( wlan0 or wlan1 各自による )
 5. ifcfg-eth0 を ONBOOT=no にする
    eth0 が、有効だと、wlan? は、有効にならない。
 6. /etc/rc.d/init.d/network restart
 7. /sbin/ifdown eth0
 8. /sbin/ifup wlan1 又は、
    /sbin/ifup wlan0
$ /bin/dmesg | grep -i wireless
$ /bin/dmesg | grep 5100
	Intel(R)  WiFi Link 5100 AGN
注) ifconfig に、-a を付けないと、wlan が表示されない場合がある
# /sbin/ifconfig -a
  wlan1   Link encap:Ethernet  HWaddr 00:1E:65:14:AD:AC
          BROADCAST MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000 
          RX bytes:0 (0.0 b)  TX bytes:0 (0.0 b)
# /sbin/iwlist
# ( /sbin/iwlist wlan0 scanning | grep -i essid )
# ( /sbin/iwlist wlan1 scanning | grep -i essid )
# /sbin/iwlist wlan1 scanning
( wlan1 は、wlan0 の場合もある )
wlan1     Scan completed :
          Cell 01 - Address: 00:0D:0B:B6:A7:4A
                    Channel:7
                    Frequency:2.442 GHz (Channel 7)
                    Quality=61/70  Signal level=-49 dBm  
                    Encryption key:off
                    ESSID:"xxxxxx"
                    Bit Rates:1 Mb/s; 2 Mb/s; 5.5 Mb/s; 11 Mb/s
                    Bit Rates:6 Mb/s; 9 Mb/s; 12 Mb/s; 18 Mb/s; 24 Mb/s
                              36 Mb/s; 48 Mb/s; 54 Mb/s
                    Mode:Master
                      |
                    IE: Unknown: DD060010180205F1
wireless-tools 無線LANインタフェースの設定変更用 ++++++++++++++++++++++++ http://d.hatena.ne.jp/ken_2501jp/20130118/1358515391 CUI環境でワイヤレス接続の設定
http://wireless.kernel.org/en/users/Drivers/iwlwifi
無線LANドライバー
当方の、CentOS 6.4 には、すでに、
  /lib/firmware/iwlwifi-5000-5.ucode 入っていた
以下、使用しない iwlwifi-5000-ucode-8.83.5.1-1.tgz /mnt7/mpg2/ce64/iwlwifi-5000-ucode-8.83.5.1-1.tgz ( 当方、保存してない ) /home2/ce64/iwlwifi-5000-ucode-8.83.5.1-1.tgz ( 当方、保存してない ) tar -xzf iwlwifi-5000-ucode-8.83.5.1-1.tgz cd iwlwifi-5000-ucode-8.83.5.1-1 README.iwlwifi-5000-ucode LICENSE.iwlwifi-5000-ucode iwlwifi-5000-5.ucode 2011/04/21 340688 # cp iwlwifi-5000-5.ucode /lib/firmware ( すでに、有 ) # yum install wireless-tools ( すでに、有 )
当方の、CentOS 6.4 には、すでに入っていたので、
ここまでは、使用しない
●●● 以下の内容を作成する ( /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 を、 作成したことがないと、ムズカシかも。 ) ifcfg-eth0 で、動作させてから、 ifcfg-eth0 を、コピーして、 追加、変更をするとよい。 /sbin/ifconfig -a で、当方のは、wlan1 ( wlan0 の場合もある ) # ( vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-wlan0 ) # vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-wlan1 ESSID, CHANNEL は、それぞれによる 必要な箇所を抜粋 ifcfg-eth0 を、コピーして、 追加、変更をするとよい。
ポイントのみ、抜粋
( wlan1 は、wlan0 の場合もある )
DEVICE=wlan1
TYPE=Wireless
ONBOOT=yes
ESSID=xxxxxxx
CHANNEL=x
MODE=Managed
RATE='54 Mb/s'
$ su
# /etc/rc.d/init.d/network restart
# /sbin/ifdown eth0
( wlan1 は、wlan0 の場合もある )
# /sbin/ifup wlan1
注)
●●● /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 の
ONBOOT=yes を、ONBOOT=no にすること。
( wlan1 は、wlan0 の場合もある )
eth0 が、有効だと、wlan? は、有効にならない。

下記は、当方用メモ
ifcfg-eth0.ce64.mac29.t8
    # ONBOOT=yes
    ONBOOT=no
( wlan1 は、wlan0 の場合もある )
ifcfg-wlan1.ce64.mac29.t8
ifcfg-wlan0.ce64.mac30.w8
    ONBOOT=yes
2013/09/20 追加
当方専用メモ)
● LET'S NOTE CF-T8, CF-W8 の、CentOS 6.4 で、
   スピーカーから、音が出ない
CF-T8, CF-W8 の、CentOS で、スピーカーから、音が出ない
$ /usr/bin/head -n 1 /proc/asound/card0/codec*
	Codec: Analog Devices AD1883
web より。 ●●●●● CF-T8, CF-W8 alsa-base.conf で Intel-HDA 音が出た ●●●●● /etc/modprobe.d/alsa-base.conf を作成 ( alsa-base.conf.ce64.w8.t8 )
$ su
# vi /etc/modprobe.d/alsa-base.conf
	options snd-hda-intel model=thinkpad
2013/08/25
当方専用メモ)
● Panasonic LET'S NOTE CF-T8, CF-W8 の、CentOS で、
   nvidia から、intel ドライバーに、
   Load "glx" (libglx.so, libGL.so: nvidia → X.Org )
   に、戻す
●●● CF-T8, CF-W8 CentOS xorg.conf.ce64.intel.w8.1024 ( Load "glx" )
 ( Load  "extmod" 用 )
$ /usr/bin/xvinfo | more
 ( Load  "glx" 用 )
$ /usr/bin/glxinfo | grep direct
	direct rendering: Yes
$ /usr/bin/glxgears
● for Load "glx" ( libglx.so, libGL.so が、nvidia から、CentOS 6.3 X.Org に )
当方、保管場所
/mnt7/mpg2/ce64/usr/lib/libGL.so.1.2.0
/mnt7/mpg2/ce64/usr/lib/xorg/modules/extensions/libglx.so.1.10.6-1

/home2/ce64/usr/lib/libGL.so.1.2.0
/home2/ce64/usr/lib/xorg/modules/extensions/libglx.so.1.10.6-1
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ● libGL /usr/lib/libGL.so.96.43.23 ( nvidia ) /usr/bin/rpm2cpio, /bin/cpio を、使用し、 rpmファイルから特定のファイルのみ展開 ( for glx ) /usr/lib/libGL.so.1 /usr/lib/libGL.so.1.2.0
$ rpm2cpio mesa-libGL-9.0-0.8.el6_4.3.i686.rpm | cpio -t
$ rpm2cpio mesa-libGL-9.0-0.8.el6_4.3.i686.rpm | cpio -id
	./usr/lib/libGL.so.1.2.0
# cp /home2/ce64/usr/lib/libGL.so.1.2.0 /usr/lib/
# chown root:root /usr/lib/libGL.so.1.2.0
# cd /usr/lib/
# mv libGL.so libGL.so.nvidia
# mv libGL.so.1 libGL.so.1.nvidia
# ln -s libGL.so.1.2.0 libGL.so.1
# ln -s libGL.so.1.2.0 libGL.so
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ● glx xorg-x11-server-Xorg-1.10.6-1.el6.centos.i686.rpm
rpm -ql xorg-x11-server-Xorg-1.10.6-1.el6.centos | grep glx
	/usr/lib/xorg/modules/extensions/libglx.so
# cd /usr/lib/xorg/modules/extensions/
# mv libglx.so libglx.so.nvidia
# cp /home2/ce64/usr/lib/xorg/modules/extensions/libglx.so.1.10.6-1 /usr/lib/xorg/modules/extensions/
# chown root:root /usr/lib/ /usr/lib/xorg/modules/extensions/libglx.so.1.10.6-1
# ln -s libglx.so.1.10.6-1 libglx.so
# vi /var/log/Xorg.0.log
	glx が、nvidia から、X.Org に なっていれば、OK
2013/06/22
当方専用メモ)
● CentOS 6.4 yum で、ffmpeg
"linux036.htm" 参考) ★ " かってに ffmpeg で、PSP,W44S 動画変換" # $ pspmp4-2.bat /mnt7/mpg2/horiuc13.mpg horiuc13.mp4 horiuc13 # $ pspmp4-3.bat /mnt7/mpg2/horiuc13.mpg horiuc13.mp4 horiuc13 ( -r anamorphic ) # 120sec # $ LANG="en_US" /usr/bin/xine horiuc13.mp4 & # # ffmpce64.bat
$ su
# yum -y --enablerepo=rpmforge install ffmpeg
# yum -y --enablerepo=rpmforge install x264-devel
# yum -y --enablerepo=rpmforge install faac-devel
# yum -y --enablerepo=rpmforge install lame-devel
# yum -y --enablerepo=rpmforge install libdca*
# yum -y --enablerepo=rpmforge install xvidcore*
# yum -y --enablerepo=rpmforge install a52dec*

[ ### yum --enablerepo=rpmforge install djbfft* ダメ ( なくても mp4 は作れる ) ]

# yum -y --enablerepo=rpmforge install faad2*
# yum -y --enablerepo=rpmforge install gsm-*
# yum -y --enablerepo=rpmforge install libmp4v2*
# yum -y --enablerepo=rpmforge install imlib2-1.4*

[ ### 以下は、なくても mp4 は作れる ]
# vi /etc/yum.conf
	# exclude=xorg-x11*
# yum -y --enablerepo=rpmforge install libXau-devel
	libXau-devel.i686 0:1.0.6-4.el6
	xorg-x11-proto-devel.noarch 0:7.6-25.el6
# vi /etc/yum.conf
	exclude=xorg-x11*
# yum -y --enablerepo=rpmforge install imlib2-devel-1.4*
Installed:
  ffmpeg.i686 0:0.6.5-1.el6.rf
Dependency Installed:
  a52dec.i686 0:0.7.4-8.el6.rf
  dirac-libs.i686 0:1.0.2-4.el6
  faac.i686 0:1.26-1.el6.rf
  ffmpeg-libpostproc.i686 0:0.6.5-1.el6.rf
  lame.i686 0:3.99.5-1.el6.rf
  librtmp.i686 0:2.3-1.el6.rf
  libva.i686 0:1.0.15-1.el6
  opencore-amr.i686 0:0.1.2-1.el6.rf
  orc.i686 0:0.4.16-6.el6
  schroedinger.i686 0:1.0.10-1.el6.rf
  x264.i686 0:0.0.0-0.4.20101111.el6.rf
$ /usr/bin/ffmpeg FFmpeg version 0.6.5
当方専用メモ)
以下は、2013/06/24 現在、うまくいっていない
( 下の方の、CentOS 6.4 ffmpeg version 1.1.3 は、OK )
aaaaaaauuuuuuuuuuu
-------------------------------------------------------
2013/06/24
CentOS 5.9
"linux036.htm"

wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el5.rf.i386.rpm
rpm -Uhv rpmforge-release-0.5.3-1.el5.rf.i386.rpm

yum -y install ncurses-devel nasm libvpx* opencore-amr-devel
yum -y install --enablerepo=epel yasm
yum -y --enablerepo=rpmforge install faac-devel
yum -y --enablerepo=rpmforge install lame-devel
yum -y --enablerepo=rpmforge install libdca*
yum -y --enablerepo=rpmforge install xvidcore*
yum -y --enablerepo=rpmforge install a52dec*
yum -y --enablerepo=rpmforge install faad2*
yum -y --enablerepo=rpmforge install gsm-*
yum -y --enablerepo=rpmforge install libmp4v2*

[ /home/abc は、各自による ]
$ cd /usr/local/src/ffmpeg/x264_051028_ce59
$ ./configure --enable-pthread --prefix=${HOME}
$ make clean
$ make
$ install -d /home/abc/lib /home/abc/include
$ install -m 644 x264.h /home/abc/include
$ install -m 644 libx264.a /home/abc/lib

# $ cp /usr/local/src/ffmpeg/grab.c.ce59 /usr/local/src/ffmpeg/ffmpeg_051130_ce59/libavformat/grab.c
$ cp /usr/local/src/ffmpeg/grab.c.org /usr/local/src/ffmpeg/ffmpeg_051130_ce59/libavformat/grab.c
$ cd /usr/local/src/ffmpeg/ffmpeg_051130_ce59
$ ./configure --enable-faac --enable-x264 --enable-gpl --enable-xvid --enable-pthreads --prefix=${HOME} --disable-debug --extra-cflags=-I${HOME}/include --extra-ldflags=-L${HOME}/lib
$ make

以下は、エラーになる
$ cp ffmpeg /usr/mac/ffmpeg_ce59
$ /usr/mac/ffmpeg_ce59 -version
$ ./ffmpeg --version
ffmpeg version CVS, build 4759, Copyright (c) 2000-2004 Fabrice Bellard
  configuration:  --enable-faac --enable-x264 --enable-gpl --enable-xvid --enable-pthreads --prefix=/home/mac --disable-debug --extra-cflags=-I/home/mac/include --extra-ldflags=-L/home/mac/lib 
  built on Jun 24 2013 21:16:31, gcc: 4.1.2 20080704 (Red Hat 4.1.2-54)

$ pspmp4-2.bat test.mpg aaa20.mp4 test

当方専用メモ)
以下は、2013/06/29 現在、とりあえず、うまくいった
忘れないうち、メモする。
まだ、まとめていない
++++++++++++++++++++++++++++++++
2013/06/29
CentOS 6.4
# ●●● http://ffmpeg.org/trac/ffmpeg/wiki/UbuntuCompilationGuide

●●● x264 0.133.2334 
※ openclがない場合 disableにしないと、ffmpegのコンパイルでERROR: libx264 not foundで落ちる
$ cd /usr/local/src/ffmpeg/
$ git clone git://git.videolan.org/x264.git
$ mv x264 x264-0133
$ cd /usr/local/src/ffmpeg/x264-0133
### $ ./configure --enable-shared --enable-pic --enable-visualize --disable-asm --enable-static --disable-opencl
### $ ./configure --prefix="$HOME/ffmpeg_build" --bindir="$HOME/bin" --enable-static
$ ./configure --prefix=/usr/local --enable-shared --enable-pic --enable-visualize --disable-asm --enable-static --disable-opencl
$ make
$ ./x264 --version
	( x264 0.107.x )
	x264 0.133.2334 a3ac64b
$ su
# make install
install -d /usr/local/bin
install x264 /usr/local/bin
install -d /usr/local/include
install -d /usr/local/lib
install -d /usr/local/lib/pkgconfig
install -m 644 ./x264.h /usr/local/include
install -m 644 x264_config.h /usr/local/include
install -m 644 x264.pc /usr/local/lib/pkgconfig
ln -f -s libx264.so.133 /usr/local/lib/libx264.so
install -m 755 libx264.so.133 /usr/local/lib
install -m 644 libx264.a /usr/local/lib
ranlib /usr/local/lib/libx264.a
++++++++++++++++++++++++++++++++ ------------------------------------------------------ http://rest-term.com/archives/3008/
●●● ffmpeg version 1.1.3 
2013/06/29 当方用メモ)
CentOS 6.4
http://rest-term.com/archives/3008/ 上記他、参考 前処理
# wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.i686.rpm
# rpm -Uvh rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.i686.rpm
# yum -y update rpmforge-release

# yum -y install ncurses-devel nasm libvpx* opencore-amr-devel
# yum -y install --enablerepo=epel yasm
# yum -y --enablerepo=rpmforge install faac-devel
# yum -y --enablerepo=rpmforge install lame-devel
# yum -y --enablerepo=rpmforge install libdca*
# yum -y --enablerepo=rpmforge install xvidcore*
# yum -y --enablerepo=rpmforge install a52dec*
# yum -y --enablerepo=rpmforge install faad2*
# yum -y --enablerepo=rpmforge install gsm-*
# yum -y --enablerepo=rpmforge install libmp4v2*
# yum -y --enablerepo=rpmforge install imlib2-1.4*
$ cd /usr/local/src/ffmpeg
$ wget http://ffmpeg.org/releases/ffmpeg-1.1.3.tar.bz2
$ tar jxf ffmpeg-1.1.3.tar.bz2
$ cd /usr/local/src/ffmpeg/ffmpeg-1.1.3

### $ PKG_CONFIG_PATH="$HOME/ffmpeg_build/lib/pkgconfig" ./configure --prefix="$HOME/ffmpeg_build" --extra-cflags="-I$HOME/ffmpeg_build/include" --extra-ldflags="-L$HOME/ffmpeg_build/lib" --bindir="$HOME/bin" --extra-libs="-ldl" 

libx264は、/usr/lib ではなく/usr/local/lib にインストールされる。
ffmpegのコンパイル時に --extra-ldflags="-L/usr/local/lib" 指定

$ PKG_CONFIG_PATH="/usr/local/lib/pkgconfig" ./configure --prefix="/usr/local" --extra-cflags="-I/usr/local/include" --extra-ldflags="-L/usr/local/lib" --bindir="/usr/local/bin" --disable-avisynth --enable-avfilter --enable-libfaac  --enable-nonfree --enable-libgsm --enable-libmp3lame --enable-libopencore-amrnb --enable-libopencore-amrwb --enable-version3 --enable-libx264 --enable-postproc --enable-pthreads --enable-shared --enable-swscale --enable-vdpau --enable-gpl

--enable-libfaac --enable-nonfree
--enable-libopencore-amrnb --enable-libopencore-amrwb --enable-version3

● デュアル cpu は、-j2 で、gcc
$ make -j2
    libavcodec/libavcodec.so: undefined reference to `x264_encoder_open_133'
    http://ffmpeg.org/trac/ffmpeg/wiki/UbuntuCompilationGuide
$ su
# make install
# exit
$ export LD_LIBRARY_PATH="/usr/lib:/usr/local/lib"; ./ffmpeg
	vi ~/.bash_profile ( .bash_profile.ce64 )
		# MMM for ffmpeg CentOS 6.4 2013/06/29
		LD_LIBRARY_PATH=/usr/lib:/usr/local/lib
		export LD_LIBRARY_PATH

$ /usr/local/src/ffmpeg/ffmpeg-1.1.3/ffmpeg
    ffmpeg version 1.1.3 Copyright (c) 2000-2013 the FFmpeg developers
$ cp /usr/local/src/ffmpeg/ffmpeg-1.1.3/ffmpeg /usr/local/src/ffmpeg/ffmpeg_ce64
$ cp /usr/local/src/ffmpeg/ffmpeg_ce64 /usr/mac/

$ pspmp4-6.bat test.mpg aaa20.mp4
$ ffmpeg_ce64 -y -i test.mpg -vcodec libx264 -vprofile baseline -coder 0 -vlevel 13 -bufsize 128 -g 250 -s 320x240 -r 29.97 -qscale 25 -maxrate 1500 -acodec aac -strict experimental -ac 2 -ar 48000 -ab 64k -f mp4 aaa20.mp4

$ ffmpeg_ce64 -y -i test.mpg -ss 0 -t 10 -vcodec libx264 -vprofile baseline -coder 0 -vlevel 13 -bufsize 128 -g 250 -s 320x240 -r 29.97 -qscale 25 -maxrate 1500 -acodec aac -strict experimental -ac 2 -ar 48000 -ab 64k -f mp4 aaa20.mp4
● ffmpeg 1.1.3 で、 mpeg 画像を、カットし、mp4 に。
-vf crop=width:height:x:y

720x640 (16:9) の、原画像 mpeg の例
左から 96ピクセルを、カット 上から 72ピクセルを、カット 640x480 サイズの動画を 切り出す 720(640ではない) - 96= 528 480 - 72= 336 ### 要点 ffmpeg -i in.mpg .... -aspect 16:9 -vf crop=528:336:96:72 -s 640x480 .... out.mpg
$ ffmpeg_ce64 -y -i ri9-2.mpg -vcodec libx264 -vprofile baseline -coder 0 -vlevel 13 -bufsize 128 -g 250 -aspect 16:9 -vf crop=528:336:96:72 -s 640x480 -r 29.97 -qscale 25 -maxrate 1500 -acodec aac -strict experimental -ac 2 -ar 48000 -ab 64k -f mp4 ri9-2.mp4

$ LANG="en_US" /usr/bin/xine  -r anamorphic ri9-2.mp4 &
当方専用メモ) 2013/07/03
● ffmpeg 1.1.3 で、
●●● old-ffmpeg.mp4 から、new-ffmpeg.mp4 の、変換
------------------------------------------------------- ●●● old-ffmpeg.mp4 から、new-ffmpeg.mp4 の、変換 old-ffmpeg.mp4(古い、ffmpeg で、サイズが大きい) ( 640x480 の例 ) ● h264 のエラーが出る
decode_slice_header error
abs_diff_pic_num overflow
concealing 1200 DC, 1200 AC, 1200 MV errors
● 下記で、h264 のエラーが出なくなる 640x480 の時 -vcodec libx264 -fpre /usr/local/share/ffmpeg/libx264-ipod640.ffpreset 320x240 の時 -vcodec libx264 -fpre /usr/local/share/ffmpeg/libx264-ipod320.ffpreset ( 640x480 の例 )
$ ffmpeg -i old-ffmpeg.mp4 -ss 0 -t 10 -vcodec libx264 -fpre /usr/local/share/ffmpeg/libx264-ipod640.ffpreset -f mp4 new-ffmpeg.mp4

$ ffmpeg_ce64 -i old-ffmpeg.mp4 -vcodec libx264 -fpre /usr/local/share/ffmpeg/libx264-ipod640.ffpreset -f mp4 new-ffmpeg.mp4
------------------------------------------------------- ffmpeg -L > aaa20 2>&1 ffmpeg -L This version of FFmpeg has nonfree parts compiled in. Therefore it is not legally redistributable. それは合法的に再配布可能ではありません。 ( 再配布はできない ) ------------------------------------------------------- Audio用オプション -ar サンプリング周波数[Hz] サンプリング周波数、単位はHz (44100 Hz) -ab ビットレート[kb] ビットレート、単位はkb (64k) -ac チャンネル 1がモノラル、2がステレオ (1) -an ミュート -acodec コーデック 強制的に「コーデック」で書き出し -vol ボリューム ボリューム、 (256) -------------------------------------------------------
mp4 VideoPad ビデオ 編集 ソフトウェア ( for MAC )
"linux045.htm", "tanni005.htm"
MPEG Streamclip for Mac http://www.squared5.com/ MPEG Streamclip for Mac
● MPEG Streamclip で、
   mp4 を、カット編集し、そのまま、saveすると、
   音ズレ が発生する。
   ( 一部、mp4 の再生ソフトでは、発生しないが、
    DVD に、書き込むと、音ズレ が発生する )

対策) mp4 を、カット編集したら、そのまま、save せずに、
      Export to MPEG-4 で、サイズを調整して書き込むこと。
MPEG Streamclip カット編集したら、File から、 Export to MPEG-4 を選択し、 それぞれ、好みで、設定する。
50% --> 100%
下記で、サイズが、変化するので、好みで、設定する。
下記は、当方の目安
Limit Data Rate: 3000 Kbps ( 4:3 ) taxxx
Limit Data Rate: 1200 Kbps ( 16:9 ) narunia1, stealth
    Frame Size: 640x480(4:3)
	command+I(アイ) で現在の動画のフレームサイズを確認
	Bit Rate: 1.49 Mbps
        Video Tracks: H.264,640x480,29.97fps, 1.42 Mbps
MPEG- AAC: Stereo 48kHz 64kbps 640x480(4:3), 854x640(16:9) Deinterlace Video
Wondershare DVD Creator
dvdcreat.txt \bc\dvdcreat.txt mac34/mp4b/tae/dvdcreat.txt dvdcreat.txt "linux045.htm", "tanni005.htm" http://www.wondershare.jp/dvd-bunner/mp4-dvd-mac.html Wondershare DVD Creator for Mac (Japanese) 3390 Wondershare DVD Creator 3390 2013/07/29 2014/11/03 Mac mini から、MacBook Pro に、設定変更依頼完了にて、移行済み
当方専用メモ)
GA-M55plus-S3G, GA-M61P-S3 で、
CentOS 使用時、 ( ext3 で、インストールした場合で、ext4 では、ダメ )
cronis True Image Home 2009 での、HD 丸ごとコピーは、うまくいかなかった。
/boot と、/ を、コピーし、復元する場合、
USB 接続の、HD では、うまくいかなかった。
( USB ドライブが、/ の、復元時に、見えなくなる現象 )
SCSI 接続の、HD では、うまくいった。
ssh
scp aaa10 xxx@yyy.macmil.co.jp:/usr/zzz
scp xxx@yyy.macmil.co.jp:/usr/zzz/aaa8 aaa10
scp -r  ディレクトリを転送

# vi /etc/hosts.allow
# vi /etc/hosts.deny
# /etc/rc.d/init.d/sshd stop
# /etc/rc.d/init.d/sshd restart
http://sourceforge.jp/projects/ttssh2/downloads/58915/teraterm-4.78.exe/
Tera Term
teraterm-4.78.exe

2013/07/04 追加 当方専用メモ)
Windows から、login 後
$ export LANG=ja_JP.eucJP;
を、しないと、vi 等の、文字が、
LANG=ja_JP.UTF-8 の表示

/usr/xxx/teraterm.bat
● ラベル(LABEL) の確認
$ ls -l /dev/disk/by-label/

● ext3 パーテーションの、LABEL の確認
# /sbin/e2label /dev/sda1

● ext3 パーテーションに、LABEL 付ける
# /sbin/e2label /dev/sda1 MYLABEL

● swap に、LABEL を、付ける
/dev/sda3 に SWAP-sda3 というラベルを付ける
$ su
# /sbin/mkswap -L SWAP-sda3 /dev/sda3
    /dev/sda3: デバイスもしくはリソースがビジー状態です

● swap を止める
# /sbin/swapoff -a

● /dev/sda3 に SWAP-sda3 というラベルを付ける
# /sbin/mkswap -L SWAP-sda3 /dev/sda3
     スワップ空間バージョン1を設定します、サイズ = 8191996 KiB
     LABEL=SWAP-sda3, UUID=de517535-c00b-485f-bd5c-08b85eafc936

● swap を 有効にする
# /sbin/swapon /dev/sda3 

● ラベルの確認
# ls -l /dev/disk/by-label/
● ディスク パーティション デバイスの型番の確認
$ ls -1 /dev/disk/by-id/ ( disp 1 line )
$ ls -l /dev/disk/by-id/ | grep ata
$ ls -l /dev/disk/by-id/ | grep sda3
$ ls -l /dev/disk/by-id/ | grep sdb3
	デバイス名 /dev/disk/by-id/ata-HDT722525DLA380_VDB41BT4DVR48C-part3
$ ls -l /dev/disk/by-id/ata-HDT722525DLA380_VDB41BT4DVR48C-part3
● ディスク パーティション ラベル (LABEL) を、チェックする # UUID /sbin/blkid /dev/sda1: LABEL="/boot" UUID="d8a6fd7d-6ddd-45a1-8a58-xxxx" TYPE="ext3" /dev/sda3: TYPE="swap" LABEL="SWAP-sda3" /dev/sda5: LABEL="/" UUID="a1cb41f9-ae74-4d28-b314-8c93xxxx" TYPE="ext3" /dev/sda6: LABEL="/home2" UUID="0d4f9ad9-a583-45b3-902cxxxx" TYPE="ext3" ● ディレクトリの総使用量を知る -s $ du -s /mnt5/hd/usr/local/src/ffmpeg ● ファイル・サイズを適当な単位で表示する -h $ du -sh /mnt5/hd/usr/local/src/ffmpeg $ df -h ● ファイル・サイズの小さい順にファイルを一覧する -s ファイル・サイズの小さな順にソート $ ls -ls -r ファイル・サイズの大きな順にソート $ ls -lsr ● 使用しているグラフィックボードを確認・調べる $ /sbin/lspci | grep VGA 01:00.0 VGA compatible controller: nVidia Corporation NV25 [GeForce4 Ti 4200] (rev a3) ● dig ( axfr ) $ dig @www.xxx.xx.xx xxxx.xx.jp axfr
●●● 液晶モニタのバックライトを OFF
2013/09/12 当方専用メモ (web参考)
● CentOs 6.4 液晶モニタのバックライトを OFF $ su # /usr/sbin/vbetool dpms on # /usr/sbin/vbetool dpms off ●●● vbetool ( libx86 必要 ) ( # yum --enablerepo=epel install libx86 ) libx86-1.1-9.el6.i686.rpm /mnt7/mpg2/ce64/libx86-1.1-9.el6.i686.rpm # rpm -Uvh /mnt7/mpg2/ce64/libx86-1.1-9.el6.i686.rpm /home2/ce64/libx86-1.1-9.el6.i686.rpm # rpm -Uvh /home2/ce64/libx86-1.1-9.el6.i686.rpm libx86.i686 0:1.1-9.el6.rpm vbetool-1.2.2-1.fc12.i686.rpm /mnt7/mpg2/ce64/vbetool-1.2.2-1.fc12.i686.rpm # rpm -Uvh /mnt7/mpg2/ce64/vbetool-1.2.2-1.fc12.i686.rpm /home2/ce64/vbetool-1.2.2-1.fc12.i686.rpm # rpm -Uvh /home2/ce64/vbetool-1.2.2-1.fc12.i686.rpm
●●● WLI-CB-G54HP #7 ( CF-T8#25 )
2013/09/12 当方専用メモ (web参考)
   下記、"linux020.htm" 参照 ( CentOS 6.4 でも、使える )
   ★ かってに ndiswrapper で 無線LAN を参照のこと。(インストールするには)
    デスクトップ・パソコンに、I-O DATA WN-OP/PCI (WN-OP/PCI2) を付け、
	メルコ(buffalo) WLI-CB-AMG54HP ( Broadcom )[2006/08/27追加]
● CentOS 6.4 WLI-CB-G54HP #7 ( CF-T8#25 ) WLI-CB-G54HP, WLI-CB-AMG54HP inst6buf.bat http://itneko.blogspot.jp/2011/11/centos6-buffalo-wli2-cb-g54llan.html 上記も、参考になる。 http://sourceforge.net/projects/ndiswrapper/files/latest/download?_test=goal ndiswrapper-1.58.tar.gz ( 2013/09/10 現在 )
$ cd /usr/local/src/g54
$ tar zxvf ndiswrapper-1.58.tar.gz
$ cd ndiswrapper-1.58
$ make
$ su
# make install
このあとは、 ★ かってに ndiswrapper で 無線LAN を参照のこと。(インストールするには) 参照 ( CentOS 6.4 でも、使える )
# cd /sur/mac
# ( ● # vi /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules 当方だけ専用メモ )
# cp ifcfg-wlan0.ce64.mac28.t8 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-wlan0
# inst6buf.bat
● Socket AM2用 ATXマザーボード

★ かってに 雑多12 (続き11)へ
* Freely misc12. (it continues, 11) to

●●● GA-M55plus-S3G 日本ギガバイト GA-M55plus-S3G PCIx4 GeForce 6100/nForce MCP430 搭載 ビデオ機能は最大で 128MBをシステムメモリーよりシェア max 1024x768 6100(rev 1.x) → NVS210≒6150LE(rev 2.x) → 6150(rev 3.x) NVIDIA GeForce 6150/nForce 430 Chipset 搭載 Geforce 6100:PCI Ex1が1 グラフィックス機能のコアクロック 425MHz Geforce 6150:HD出力、PureVideo対応、6100よりも高速、PCI Ex1が2 グラフィックス機能のコアクロック 475MHz ●●● GA-M61P-S3 シングルチップ版の GeForce6100/nForce430 ATXマザー ( AM2 ) ビデオ機能は最大で 256MBをシステムメモリーよりシェア 1280x1024 OK ( 1920x1200 )
BIOS

Init Display Firest [ PEG ]
Free Buffer Size [ 128M ]  GA-M55plus-S3G
Free Buffer Size [ 256M ]  GA-M61P-S3
Onboard GPU [ Enable If No Ext PEG ]
   各関連HP、各検索サイト、各開発者、多くの訪問者 等々へ
      Linuxの普及を願いつつ、感謝と、エールを送ります。
			MACMIL.CO.JP  (有)松商商会 松本英男

***<< ★ かってに CentOS 6.4 終了 ] >>*** ==============================================================

★ かってに Linux2 (続き1)へ * Freely Linux2. (it continues, 1) to


★ かってに Linux3 (続き2)へ * Freely Linux3. (it continues, 2) to


★ かってに Linux4 (続き3)へ * Freely Linux4. (it continues, 3) to


★ かってに Linux5 (続き4)へ * Freely Linux5. (it continues, 4) to


★ かってに Linux6 (続き5)へ * Freely Linux6. (it continues, 5) to


★ かってに Linux7 (続き6)へ * Freely Linux7. (it continues, 6) to


★ かってに Linux8 (続き7)へ * Freely Linux8. (it continues, 7) to


★ かってに Linux9 (続き8)へ * Freely Linux9. (it continues, 8) to


★ かってに Linux10 (続き9)へ * Freely Linux10. (it continues, 9) to


★ かってに Linux11 (続き10)へ * Freely Linux11. (it continues, 10) to


★ かってに Linux12 (続き11)へ * Freely Linux12. (it continues, 11) to


★ かってに Linux13 (続き12)へ * Freely Linux13. (it continues, 12) to


★ かってに Linux14 (続き13)へ * Freely Linux14. (it continues, 13) to


★ かってに Linux15 (続き14)へ * Freely Linux15. (it continues, 14) to


★ かってに Linux16 (続き15)へ * Freely Linux16. (it continues, 15) to


★ かってに Linux17 (続き16)へ * Freely Linux17. (it continues, 16) to


★ かってに Linux18 (続き17)へ * Freely Linux18. (it continues, 17) to


★ かってに Linux19 (続き18)へ * Freely Linux19. (it continues, 18) to


★ かってに Linux20 (続き19)へ * Freely Linux20. (it continues, 19) to


★ かってに Linux21 (続き20)へ * Freely Linux21. (it continues, 20) to


★ かってに Linux22 (続き21)へ * Freely Linux22. (it continues, 21) to


★ かってに Linux23 (続き22)へ * Freely Linux23. (it continues, 22) to


★ かってに Linux24 (続き23)へ * Freely Linux24. (it continues, 23) to


★ かってに Linux25 (続き24)へ * Freely Linux25. (it continues, 24) to


★ かってに Linux26 (続き25)へ * Freely Linux26. (it continues, 25) to


★ かってに Linux27 (続き26)へ * Freely Linux27. (it continues, 26) to


★ かってに Linux28 (続き27)へ * Freely Linux28. (it continues, 27) to


★ かってに Linux29 (続き28)へ * Freely Linux29. (it continues, 28) to


★ かってに Linux30 (続き29)へ * Freely Linux30. (it continues, 29) to


★ かってに Linux31 (続き30)へ * Freely Linux31. (it continues, 30) to


★ かってに Linux32 (続き31)へ * Freely Linux32. (it continues, 31) to


★ かってに Linux33 (続き32)へ * Freely Linux33. (it continues, 32) to


★ かってに Linux34 (続き33)へ * Freely Linux34. (it continues, 33) to


★ かってに Linux35 (続き34)へ * Freely Linux35. (it continues, 34) to


★ かってに Linux36 (続き35)へ * Freely Linux36. (it continues, 35) to


★ かってに Linux37 (続き36)へ * Freely Linux37. (it continues, 36) to


★ かってに Linux38 (続き37)へ * Freely Linux38. (it continues, 37) to


★ かってに Linux39 (続き38)へ * Freely Linux39. (it continues, 38) to


★ かってに Linux40 (続き39)へ * Freely Linux40. (it continues, 39) to


★ かってに Linux41 (続き40)へ * Freely Linux41. (it continues, 40) to


★ かってに Linux43 (続き42)へ * Freely Linux43. (it continues, 42) to


★ かってに Linux44 (続き43)へ * Freely Linux44. (it continues, 43) to


★ かってに Linux45 (続き44)へ * Freely Linux45. (it continues, 44) to


かってに Linuxヘ、戻る * Freely Linux. ( it returns )




● 本サイトに掲載されている情報は個人の責任において、
   使用のこと。
   利用により、問題が発生しても、
   当方は一切責任を負いかねます。 
   リンクは、自由に。

   The information carried by this site is set
   with individual responsibility. Use it.
   Even if a problem occurs by use We cannot take any responsibility.
   A link is free.

410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  有限会社 松商商会 )
410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  MATSUSHOW CO.,LTD.)
(C) 1998-2016 H.MATSUMOTO All Rights Reserved ( MACMIL.CO.JP )
新会社法施行(2006/05/01施行)後、有限会社 松商商会 は、
特例有限会社という、新会社法の、株式会社です。(商号は、有限会社 を継続)
資本金 2017/05 5千万円→1千万円に減資 創業 1983/05/20 法人設立 1984/09/29
★ ソフトダウンロードへ

topヘ、戻る