[ 2007/01/02 renewals ]   ☆☆☆ かってに smb ☆☆☆
                                *** Freely smb ***
                    情報化社会の発展を図る活動として、
                     ( 単にNPO協賛活動として )
                 無料で利用可能な、Linuxの普及の為、

★ Linuxで、インターネット等を、
             "MS-Windows" と同じ様に
                             快適にする情報を無料提供。
   410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  (有)松商商会 )
                              ( MACMIL.CO.JP  MATSUSHOW CO.,LTD.)
                  当ページへの、多数のアクセスありがとう。
       当ページは、多くの関連HPを参考に、Linux ( Fedora等) での利用や、
                           smb利用の情報や、
               応用方法、開発等をし、結果・無料公開してます。
     この場を借りて、各関連HP、各検索サイト、各開発者、多くの訪問者 等々へ
            Linuxの普及を願いつつ、感謝と、エールを送ります。

・PC9801, DOS/V, Win9X, Win2000,WinXP, UNIX, Linux の各種ソフト作成、
メインは、C(言語)、現在は、Linux 30台位使用して、システム研究開発中。
25年近く(PC8001 〜 現在まで)、各種業務システム構築の現役者が提供。(松本英男)
       "マックミル" は、(有)松商商会 の登録商標です。( MACMIL.CO.JP )
  上記コーナー( かってにLinux )の、アクセス増大に伴い、
             同コーナーに、毎日情報追加中!!

Linuxで、民放TV録画(予約)しながら、インターネット等利用してます。
( 当方の Linux ツールは、通常のTVが不要の為、協会受信不可 )
    ( 光インターネットTV Gyao, YAHOO TVが、無料で可能 ) 
     快適で、しかも、無料ソフトが、たくさん手に入ります。
       MS−Windowsに比べ、お金がかかりません。
            実際に利用した際の各種情報を無料で、
            上記コーナーで、毎日情報提供中!!
●検索は、Ctrl +  F  で。( アルファベットは、半角文字で検索のこと )
* As for search,with Ctrl +  F .
============================================================== *******<< ★ かってに smb1 [ 開始 ] >>*******
正式リンクは、下記ですが、時々、引っ越しするので取り敢えず内容を
のせてありますが、下記が現在わかっているリンク先です。

http://www8.wind.ne.jp/hosimisuto/mypc/linux02.html

samba の設定


    ◆ランレベルの変更 - # ntsysv <----- 各種サービスの設定を有効にするコマンド

     smb サービスの設定を有効にする

    ◆smb の起動・再起動・停止・確認 - # /etc/rc.d/init.d/smb xxxxxxxx

     # /etc/rc.d/init.d/smb start <--- smb サービスの起動

      Starting SMB sevices:                    [ OK ]
      Starting NMB sevices:                    [ OK ]

     # /etc/rc.d/init.d/smb restart <- smb サービスの再起動

      Shutting down SMB sevices:                  [ OK ]
      Shutting down NMB sevices:                  [ OK ]
      Starting SMB sevices:                    [ OK ]
      Starting NMB sevices:                    [ OK ]

     # /etc/rc.d/init.d/smb stop <---- smb サービスの停止

      Shutting down SMB sevices:                  [ OK ]
      Shutting down NMB sevices:                  [ OK ]

     # /etc/rc.d/init.d/smb status <-- smb サービスの確認

      smdb (pid xxxx) is running...
      nmdb (pid xxxx) is running...

    ◆samba [ global ] の設定 - # vi /etc/smb.conf

     テキスト編集エディタ vi で # /etc/smb.conf を編集
     ------
     [global]
     # <- コメント記号
     ; <- コメント記号
     workgroup = LINUX <- Windows で使用する Workgroup
                           又は hosts と同じ名前にした方が解りやすい
     netbios name = LINUX <- Windows でのネットワークコンピュータ名
     server string = Samba Server <- Windows でのコメント
     browseable = no <- Windows など他からの表示を可能にするか
                         Windows から root が見えない( 可能 = yes )
                         ウインドウのネットワ−ク
                         コンピュ−タに対し表示の有無
     hosts allow = 192.168.aaa. <- 接続を許可する IP Address
     load printers = yes
     printcap name = /etc/printcap
     ;printcap name = 1pstat
     ;printing = bsd
     ;guest account = Username <- /etc/passwd Username
     log file = /var/log/samba/log.%m
     max log size = 50
     security = user <- 接続時 Password 必要 <-------------- smbpasswd 参照
     ;password server = 
     password level = 8
     encrypt passwords = yes <- 暗号化 Password の送信 <---- smbpasswd 参照
     smb passwd file = /etc/samba/smbpasswd <- smb passwd ファイルの場所 <-- smbpasswd 参照
     username map = /etc/smbusers <- smbusers ファイルの場所
     map to guest = Never
     delete veto files = yes <- ディレクトリ・ファイルを不可視
     veto files = /*Network*/*user*/Apple*/ <- 表示させないディレクトリ名を列挙
     ;include = /usr/local/samba/lib/smb.conf.%m
     ;interfaces = 192.168.12.2/24 192.168.13.2/24 <- 複数のインターフェイスに対する Samba の設定
     socket options = TCP_NODELAY <- マニュアル参照
     ;remote announce = 192.168.1.255 192.168.2.44
     ;local master = no
     ;os level = 33
     ;domain master = yes
     ;preferred master = yes
     ;domain controller = 
     ;domain logons = yes
     ;logon script = %m.bat
     ;logon script = %U.bat
     ;logon path = \\%L\Profiles\;%U <- "\"はバックスラッシュのことです
     ;wins support = yes
     ;wins server = w.x.y.z
     ;wins proxy = yes
     dns proxy = no
     ;preserver case = no
     ;short preserver case = no
     ;default case = lower
     ;case sensitive = no
     client code page = 932 <- SJIS の指定 [ 既定値 850 ]
     coding system = euc <- linux で、sift-jis 漢字を euc に変換表示する
     ------

    ◆samba [ homes ] の設定 - # vi /etc/smb.conf

     テキスト編集エディタ vi で # /etc/smb.conf を編集
     ------
     [homes] <- 各ユーザが LINUX のホームディレクトリを使うための設定
     comment = Home
     browseable = no <- Windows など他からの表示を可能にするか Windows から home が見えない( 可能 = yes )
     ;read only = yes <- 読みとり専用の設定
     ;writable = no <- 書き込みを許可しない
     ------
     ・
     ・
     ・
     ------
     [abcdef]
     comment = abcdef
     path = /home/abcdef
     writable = yes
     browseable = yes
     create mode = 0770 [ 既定値 0744 ]
     directory mode = 0770 [ 既定値 0755 ]
     public = no <- パスワード必要
     guest only = no

     ;guest account = windows1,windows2
     ;read only = no
     ------
     [ghijkl]
     comment = ghijkl
     path = /home/ghijkl
     writable = yes
     browseable = yes
     create mode = 0770 [ 既定値 0744 ]
     directory mode = 0770 [ 既定値 0755 ]
     public = yes <- パスワード不必要
     guest only = no

     guest account = abcdef
     read only = no
     ------

     各ディレクトリを Windows から確認するためには chmod xxx でディレクトリのパーミッションを変更すること

    ◆samba [ 特定のユーザのみが利用できるフォルダ windows1 ] の設定 - # vi /etc/smb.conf

     # mkdir /home/windows1 <- ディレクトリの作成

     テキスト編集エディタ vi で # /etc/smb.conf を編集
     ------
     [windows1] <- public ディレクトリ windows1 の設定
     comment = Windows1
     path = /home/windows1
     writable = yes
     browseable = no
     create mode = 0770 [ 既定値 0744 ]
     directory mode = 0770 [ 既定値 0755 ]
     public = no
     guest only = no
     guest account = windows1 <- サービスにログインできるユーザ 注(1)
     read only = no
     ------

     *) # useradd Username で追加した場合は、
         特定のユーザ Username のみが
         利用できるフォルダが作成されますが windows から
       見えませんので smb.conf に下記内容を追加編集する事によって
         Windows 側から見えるようになります

     [Username]
     comment = Username
     browseable = yes

     smbpasswd の設定を行います

    ◆samba [ 誰でも利用できるフォルダ windows2 ] の設定 - # vi /etc/smb.conf

     # mkdir /home/windows2 <- ディレクトリの作成

     テキスト編集エディタ vi で # /etc/smb.conf を編集
     ------
     [windows2] <- public ディレクトリ windows2 の設定
     comment = windows2
     path = /home/windows2

     writable = yes
     browseable = yes
     create mode = 0777 <- 全てのユーザが、読み出し、書き込み、実行可能
     directory mode = 0777
     public = yes
     guest only = yes
     read only = no
     ------

    ◆samba [ 任意ディレクトリ home ] の設定 - # vi /etc/smb.conf

     # mkdir /home/myfolder <- ディレクトリの作成

     テキスト編集エディタ vi で # /etc/smb.conf を編集
     ------
     [myfolder] <- public ディレクトリ myfolder の設定
     comment = myfolder
     path = /home/myfolder
     writable = yes
     browseable = yes <- windows など他からの表示を可能にするか( 可能 = yes )
     create mode = 0770 <- 新規ファイルのパーミッションの設定
     directory mode = 0770 <- 新規ディレクトリのパーミッションの設定
     public = yes
     guest only = yes
     guest account = abcdef,ghijkl <- guest account でログインできるユーザ
     read only = yes <- 読みとり専用の設定
     ------

    ◆パーミッションの実行 - # chmod xxx /directoryname/directoryname

     samba で設定したディレクトリにパーミッションの設定をします。
      このコマンドを実行しないと samba の設定が生きてこない

     # chmod 770 /home/windows1
     # chmod 777 /home/windows2

    ◆samba の設定の確認 - # testparm

     Load smb config files form /etc/smb.conf
     Processing section "[homes]"
     Processing section "[printers]"
     Processing section "[home]"
     Unknown parameter encountered: "valib users" <- valib users に対するパラメータが見つからない 注(1)
     Ignoring unknown parameter "valib users" <- valib users を無視します
     Loaded services file OK. <- OK なら問題ない
     Press enter to see a dump of your service definitions
     リターンキーを押下後 smb.conf の内容が表示され内容を確認し、
      問題があれば再度編集し直します

    --------------------------------------------------------------------------

    ◆smbpasswd の設定 - # mksmbpasswd.sh < /etc/passwd > /etc/samba/smbpasswd

     # mksmbpasswd.sh < /etc/passwd > /etc/samba/smbpasswd 又は # cat /etc/passwd | /usr/bin/mksmbpasswd.sh > /etc/smbpasswd
     # /etc/smbpasswd <- 内容を確認
     # /usr/bin/smbpasswd windows1 <- username
     New SMB password: ********
     Retype SMB password: ********

     # chmod 600 /etc/samba/smbpasswd <- 安全のため root 以外から参照できないようにしておきます

     設定前 windows1:502:XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX:XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX:[U]:LCT-00000000:
     設定後 windows1:502:ECGYT125YHEW58LKYTA4358JUA59PPDF:5GTR777KOPWN123HST78KUAMB333KAUS:[U]:LCT-5A777C33:

    ◆smbpasswd へのユーザ追加 - # /usr/bin/smbpasswd username

     # /usr/bin/smbpasswd abcdef <- username
     New SMB password: ********
     Retype SMB password: ********

    ◆smbpasswd の再設定 - # /etc/samba/smbpasswd username

     # chmod 777 /etc/samba/smbpasswd <- 参照できるようにパーミッションを変更します
     # /usr/bin/smbpasswd windows1 <- username
     New SMB password: ********
     Retype SMB password: ********

     # chmod 600 /etc/samba/smbpasswd <- 再び安全のため root 以外から参照できないようにしておきます

    --------------------------------------------------------------------------

    ◆共有リソースの確認 - # smbstatus

     1Samba version 2.05aJP2
     Service   uid    gid     pid   machine
     ----------
     myfolder   root   root    716   server   (192.168.aaa.bbb) Sun Jan 01 00:00:00 2000
     folder1   nobody  nobody   740   windows2000 (192.168.aaa.ccc) Sun Jan 01 00:00:00 2000

    -------------------------------------------------------------------------- 

 samba の設定
*******<< ★ かってに smb1 [ 終り ] >>******* ============================================================== ============================================================== *******<< ★ かってに smb2 [ 開始 ] >>*******
正式リンクは、下記ですが、時々、引っ越しするので取り敢えず内容を
のせてありますが、下記が現在わかっているリンク先です。

http://www.dd.iij4u.or.jp/~okuyamak/Documents/tuning.japanese.html

SambaでWindows NT Server と同じ転送速度を確保する方法 
奥山 健一
$Date: 2000/05/15 01:22:21 $
$Revision: 1.6 $


1. Background. 
Linux や FreeBSD 上に Samba をインストールし、 Windows client のファイルサーバーや
printer server として使おうとする場合、 ときどき、信じられないほど低速な転送速度でしか
データを転送できないことがあります。 

もし、この転送速度が Windows NT Server などとの通信においても 
同じ転送速度しかでない場合は
ある意味諦めがつくこともありますが、 Windows NT Server との通信は速いのに、
Samba との通信だと遅くなる…という場合は、心理的に我慢がなりません。 

このドキュメントでは、 smb.conf を適切に書き換えることでこのような状態においても、
Windows NT との通信とほぼ同じ速度の通信速度を確保する方法を述べます。 

2. Why do we loose speed against NT? 
Samba は Unix マシン上にインストールされます。 そして、Samba はその Unix マシンの持つ 
TCP/IP 層を使って、 client と通信します。 一方 Windows の client は、
Winsock2 の TCP/IP 層を使って Samba server と通信します。 

一般に Unix マシンは TCP 層を RFC に厳密に従って実装します。 このため指定された 
TCP Window の許す限り、IP packet を送信します。 
Ack は「次の受信準備ができた」ことを意味し、
Ack が到達したら転送領域 Window をずらして 送信可能な領域を転送しようとします。
この 転送領域 Window のバイト数を Send Buffer Size と言います。
smb.conf の socket options 中に指定する、SO_SNDBUF 引数は、
この 転送領域 Window のサイズを指定します。 

Unix の場合、このサイズは極めて大きく、 例えば FreeBSD は 16384 Byteがデフォルトの
Send Buffer Size です。 Windows マシンの多くはこのような大きな Send Buffer Size に
耐えられません。
このため、smb.conf の socket options の引数を使って、 Send Buffer Size を小さくします。
従来は 8192byte などがよい、とされてきました。 この大きさは多少であれば、
TCP が通信するに従って最適な値に修正していきます。 

しかし、一部の Network Interface Card(NIC) のせいなのか、 NIC Driver の問題なのか、 
あるいは Winsock2 の問題なのか、 Windows の問題なのかは判りませんが、 
一部の NIC カードを使った Windows では、
なぜか data packet を時々取りこぼす という状態が発生します。
Recieve Buffer Size としては十分余裕があるはずなのに、 取りこぼすことがあるのです。 

data packet を取りこぼしてしまうと、再送を要求することになります。 この 再送要求 は 
何バイト目まで受信できたのか を表す Ack Packetが複数回転送されてくることで行われます。
Samba 側 (正確には Samba が動いている Unix マシンの TCP ドライバー) は、 
これを受信するととりあえずpacket を再送します。 

Windows が取りこぼした Packet は1つだけですので、 Samba から dataが送られてくると、 
Ack は一気に数 Packet 分先に進みます。 そして、しばらくすると(と言っても、
ほんの10数ミリ秒後には)、
また Windows は Packet を取りこぼします。 

これが数回繰り返されると、 Samba 側の TCP 層は次のように想像します。 

「もしかしたら、ときどき Packet の到着が遅れることがあるのかも知れない。 
再送要求が出ているが、少し待ってみよう。」 

そして、1秒程何も送らない、ということをやってみます。 しかし結局状況は改善せず、 
Samba 側の TCP 層は結局 data packet を再送します。 

Windows が問題を起す場合、 結果として 0.1 - 0.3 sec 程データを転送しては 1秒待つ、 
ということが繰り返されます。 
しかもこの 1秒 は実際には待つ度に少しづつ時間を伸ばしていくのです。
結果として本来出せるはずの転送速度の 1/20 程度しか実質転送速度が出ない 
という状況が発生します。 


--------------------------------------------------------------------------------

どんな OS をサーバーに使っても必ずこれが起こる、 
というのであれば特筆すべき問題ではないのですが、 実はこの問題は Windows NT を
サーバーとする場合に発生しない場合があります。
この場合、Samba Server はまるで Windows NT よりも パフォーマンスが悪いように見えます。 

残念ながら Winsock2 のソースコードは公開されていません。 
Windowsのソースコードも公開されていません。 
そのため、正確にはどうしてこのような現象が起こるのか、は判りません。
しかし、tcpdump や WinDump などのツールによって、 ある程度 Winsock2 同士の通信が
どのような性質があるのか、が判ります。
少くとも、私は次のような性質がある、と理解しました。 

通信している一方だけが送信したいデータを持っている場合、送信側は: 
Send data packet 
Send data packet 
Wait for Ack arraival (この Ack は上の 2 まで受信したことを表す ) 
通信している双方が送信したいデータを持っている場合、 
Send data packet 
Recv data packet (この packet には 1 の packet に対する Ack が含まれているはず) 
Send data packet 
Recv data packet (この packet には 3 の packet に対する Ack が含まれているはず) 
上記の I と II の通信パターンを切り替えるときは、 0.1sec 程の「待ち」が必ず入る。 
この Winsock2 の性質をクリアしさえすればよい、 という発想で NIC Driver が書かれていると、 
NT をサーバーとすると速いのに、Samba だと転送速度が遅い という現象が起こるのだろう、
と予測されます。 

3. How to set smb.conf 
NT だと速いのに、Samba Server だと遅い…という場合に、 せめて NTと同じパフォーマンスを
出すように smb.conf を設定するには、 いくつかの情報が必要になります。 

まず最初に、Samba Server マシンでの root 権限が必要になります。 smb.conf を
編集するわけですし、大抵の場合これは問題ないと思います。 

次に Samba Server マシン上で tcpdump を使えなくてはいけません。 
root であれば実行権限はありますが、
tcpdump (あるいは、Windows マシン上での観察を行う場合は WinDump ) の使い方を
知らなくてはいけません。
1つしか NIC が刺さっていなければ 

# tcpdump > logfile
で十分ですが、複数の NIC が刺さっている場合、 どの NIC のデータをとるのか? 
などを指定できる必要があります。 tcpdump のマニュアルを良く読んで、
使い方を理解してください。
あと出力結果も読めた方が良いでしょう (ただし、
これはある程度経験を積むと、 欲しい情報は把握できるようになります)。 

さらに、 問題の Windows マシン の OS, Internet machine 名、
そのマシンを操作する権限が必要になります 
(操作できないとパフォーマンステストができません)。 

あと、何か適当なファイル、 5Mbyte から10Mbyte ぐらいのファイルを
用意してください。 
これは転送速度を計測する際に用います。 


----------------------------------------------------------------------------

さて、以下の例では Samba Server のマシン名を 濃紫(Nohshi.my.domain) 、 
Windows client (Windows98) マシン名を 菖蒲(Ayame.my.domain) としましょう。 


----------------------------------------------------------------------------

まずは、Nohshi 上で tcpdump を起動してください。 記録を後で調べる必要があるので、
root 権限で 

# tcpdump > logfile
を実行しておいてください。 

次いで、Ayame 上から Nohshi を開いてください。 

Nohshi から Ayame へのファイル転送を行ってください。 
上記の 5Mbyteほどのファイルを転送するのであれば、
ウィンドウを Drug&Drop でコピー してもいいですし、 ftp しても構いません。
これは Winsock2 の問題であって SMB protocol 等の問題ではないので、
TCP 通信でありさえすれば何を使っても構いません。 

ファイル転送が終了したら、tcpdump を Ctrl-C などで止めてください。 
kill -9 では止めない方がいいです。 
最後の方の記録が出力されない可能性がありますので。 

logfile 中には tcp の通信記録が保存されているはずです。 この中から、 

Ayame 、 Nohshi 間の通信記録で、 
 (xxxx の部分は数字)という文字を含んでいる行を 探しだしてください。 
Ayame.my.domain > Nohshi.my.domain
という文字列を含んでいる行と、 
Nohshi.my.domain > Ayame.my.domain
という文字列を含んでいる行の両方があると思いますが、 
その両方を調べて、xxxx という数字の 小さい方 を選んでください。 
この数字のことを Maximum Segment Size mss と呼びます。
普通、ethernet を使っている場合は、 1460 か 536 かのどちらかでしょう。 
これは、一つの IP packet に入れることのできる、 最大の data 量を表します。 

smb.conf の [global] 部の最後に 

include = /smb.conf.global.%a
include = /smb.conf.global.%M
include = /smb.conf.global.%a.%M
という行を追加してください。 

 は FreeBSD ports の場合ですと/usr/local/etcですが、 
これは OS や package によって異なります。 適切なディレクトリを指定してください。 

smb.conf と同じディレクトリに、 smb.conf.global.ayame.my.domain というファイルを
作成してください。 このファイルに 

socket options = TCP_NODELAY SO_SNDBUF=yyyy
という一行を書き込みます。 yyyy は、 先に求めた、
mss の値の丁度2倍の値を指定してください。 
できの悪い NIC の場合、
1byte でも大きな値を指定すると一気にパフォーマンスが劣化し、 
救いがたい状態が発生します。 

あとは、smbd を再起動してやれば完成です。 


--------------------------------------------------------------------------------

マシンに依存しない、特定の OS 用の設定ファイルは smb.conf.global. に、 
特定マシンの特定 OS の場合(マルチブートとか)は、
smb.conf.global.. というファイルに必要な設定を書いてください。 

include ファイル指定行における %M は internet machine name です。 

同様に %a は OS name ですが、 どの OS の場合にどのような文字列になるのかは、 
smb.conf のマニュアルをみてください。 

4. Why does this work? 
なぜこれでうまく行くのか。 

Winsock2 の動きから、 Winsock2 は IP パケットを2つ受信すると Ack を
送ることに集中してしまい、 Ethernet Drive から data を吸い出さなくなり、 
結果 NIC あるいは
NIC Driver のバッファが溢れて パケットを取りこぼしてしまうのだろう、と推定できます。 

NT で取りこぼしが生じないのは、 受信側が Ack を送ることに集中しているとき、 
送信側は Ack を受けることに集中していて何も送信していないから、 と推定できるわけです。 

そこで、送信側(Samba Server 側) の Send Buffer Size を 
丁度 mss * 2 というサイズにして、
送信側の TCP 層が IP Packet 2つ分のデータを送ったら 
Ack を待つようにしてしまえばよい、
ということが判ります。
結果、Packet の取りこぼしはなくなり最終的な転送速度が向上します。 


--------------------------------------------------------------------------------

実は、他の、効率の良い NIC カードの場合でも、 
SO_SNDBUF のサイズはmss の倍数である方が効率が良いはずです。 
ですので、本当は、8192byteとかを指定するよりは、
mss が 536 byte の場合は 8576 ( 8192/536 は 15.2... ですので、16*536 = 8576 )、
1460 の場合は 8760 ( 8192/1460 は 5.61.. ですので、6*1460 = 8760 ) を
指定した方が良い、ということになります。 

どちらが来るか自信がない場合は 8576 がいいと思う。 
8192 よりは少しだけ効率がいいはずだ。 

一般に、mss * n (n は自然数) が SO_SNDBUF で指定するべき適切なサイズです。 
1 packet 分でも越えてしまうと、 その瞬間に packet lost が発生して効率が
大幅に落ちますので、
どこが限界なのかは簡単に判ります。 いろいろ n の値を変更してみて、
限界の値を探ってみると良いでしょう。 


--------------------------------------------------------------------------------

あと、この smb.conf がうまく動くのは、 マニュアルに明記されていない、
次の2つの性質を利用しています。 

include コマンドは実はファイル発見に失敗しても smbd の起動に影響を与えない。 
つまり include に失敗するとそのまま smbd の起動が失敗する、 等の現象は起さない。 
socket options (に限らないのでしょうが)、 smb.conf ファイルの最後に
指定した行だけが有効になる。 従って、
include 等で複数のsocket options を指定できても、
最後に指定された1行だけが有効になります。 
5. What you have to be care of. 
この設定をすると、 ayame.my.domain が nohshi.my.domain をアクセスする速度は、
NIC によらずほぼ一定になります。 ですので、後で高性能な NIC を買って Ayame に挿しても、
パフォーマンスは上がりません。 NIC の性能を無視して、少しづつしか送らないのですから。 

この場合は、smb.conf.global.ayame.my.domain (あるいは、適宜、正しい設定ファイル)を消す、 
変更するなどして、 効率の良いパラメータに変更する必要があります。 


--------------------------------------------------------------------------------

change log
2000/04/18 
「速い」とあるべきものが「早い」になっていた。 
このページに関する コメント、情報、誤りなどの情報がありましたら、 奥山 まで。 
*******<< ★ かってに smb2 [ 終り ] >>******* ==============================================================

★ エプソン製プリンタのLinuxドライバダウンロードへ

★ smb速度改善方法リンク

★ スレッド・プログラミングへ

★ ソフトダウンロードへ

topヘ、戻る